ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

ROBOT魂 ブルーディスティニー1号機 ver. A.N.I.M.E. レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. ROBOT魂 >

ROBOT魂 ブルーディスティニー1号機 ver. A.N.I.M.E. レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  2. 勇者王ガオガイガー
  3. おもちゃ ストア
  4. おもちゃ ストア
  5. おもちゃ ストア
  6. おもちゃ ストア
  7. 機動戦士ガンダム
  8. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  9. おもちゃ ストア
  10. おもちゃ ストア
  11. おもちゃ ストア
  12. おもちゃ ストア
  13. おもちゃ ストア
  14. おもちゃ ストア
  15. おもちゃ ストア
  16. 超時空要塞マクロス
  17. おもちゃ ストア
  18. おもちゃ ストア
  19. おもちゃ ストア
  20. おもちゃ ストア

新着アイテム  

icon icon
5月20日12時よりガムリン木崎機が予約開始!

icon icon
5月17日16時よりデュナメスサーガが予約開始!

icon icon
5月10日16時よりZプラスA1/A2が予約開始!

icon icon
4月26日18時よりSpecIIが予約開始!






ROBOT魂 ブルーディスティニー1号機 ver. A.N.I.M.E. レビュー 

ブルーディスティニー1号機

今回はご紹介するのは、ゲーム『機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY』より

「ブルーディスティニー1号機」!

ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.からの登場。1/26(金)発売のものが多くなにから開封しよう悩んだけど、まずは手軽なROBOT魂にしました。同日にプレバンから届いたROBOT魂の白いやつは、後日にします。

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

先に発売された同じEXAM搭載機のイフリート改より、カラーリングは明るい青色になっています。また陸戦型ガンダムがベースとなっているので、マッシブな体型。アニメ化がされてないので、ゲーム版を再現しているのかな。

・頭部造形

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

頭部アップ。メインカメラ内は通常のツインアイではなく、目玉のような造形。

・頭部可動

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

アゴを引くことはできませんが、しっかり上を向くことができたので問題なし。

・肩及び腕部造形

ブルーディスティニー1号機

左肩の前面装甲に1号機である「01」のマーキング。また腕側面部には、シールドを装着するために凹がある。

・腕部可動

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

腕の引出し機構は、肩部分が内側に動くことにより可動範囲を広げれるようになっていました。

・胸部及び腰部造形

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

胸部上部には胸部バルカン砲。胸部下部にある丸い箇所が有線式ミサイルランチャー。

ブルーディスティニー1号機

マシンガンエフェクトパーツがあれば、取り付けることが可能。こちらはザクF2のものを拝借した。

ブルーディスティニー1号機

サイドスカートには100mmマシンガンのマガジンを装備。もちろん取り外しができる。

ブルーディスティニー1号機

腰部のカバーを開くと、100mmマシンガンやブルパップ・マシンガンをマウントするための接続穴があります。

・胸部及び腰部可動

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

上半身は少し前に倒せるぐらい。

・脚部造形

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

陸戦型ガンダムにはなかったスラスターが側面に追加されており、さらに脚部が太くなっています。

ブルーディスティニー1号機

ビーム・サーベルの格納場所は陸戦型ガンダムと同じ。ただスラスターが追加されたことにより装甲を開ける角度が狭まっており、ビーム・サーベルが取り外しづらい。

ブルーディスティニー1号機

足裏。

・脚部可動

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

サイドスカートに干渉するのでそこまで足を開くことはできませんが、十分な可動は確保されているので問題ありません。

・陸戦型ガンダムとの比較

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

陸戦型ガンダムがベース機ですが、全身が細かい部分で装甲形状などが異なる上、頭部がジムなので印象はだいぶ違ったものに。




附属品

・説明書

ブルーディスティニー1号機

1枚ものの白黒で、機体や武装説明はありません。

・ハンドパーツ

ブルーディスティニー1号機

平手2種と持ち手2種の合計4種が附属。

・100mmマシンガン

ブルーディスティニー1号機

陸戦型ガンダム陸戦型ジムのものと同様。マガジンは取外しが可能となっています。

ブルーディスティニー1号機

フォアグリップも可動するので、両手での構えも可能。

ブルーディスティニー1号機

専用ジョイントパーツで腰にマウントできます。

・ブルパップ・マシンガン

ブルーディスティニー1号機

ver. A.N.I.M.E.シリーズを購入していると連邦軍の機体によく付属する武装。もう何個か覚えていない。

ブルーディスティニー1号機

こちらも専用ジョイントパーツで腰にマウントできます。

・ビーム・サーベル

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

ビーム・サーベルの刃が直線タイプが2個、歪曲タイプが1個、付属してました。

・腹部有線ミサイル・ランチャー

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

発射状態を再現できるエフェクトパーツ。有線部分はリード線で再現されており弾頭が軽いこともあって、支柱がなくても保持ができます。

シールド

ブルーディスティニー1号機

カラーリングは異なるが、陸戦型ガンダムと同じもの。マーキングは1号機を指す「01」に。

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

接続部が展開可能。またバックパックにマウントできるようになっていた。ここは陸戦型ガンダムと差別化されているところ。

・バーニアエフェクト

ブルーディスティニー1号機

通常時の水色とEXAM発動時の赤色ものが附属。つける場所はバックパックのみ。

・EXAM発動バイザー

ブルーディスティニー1号機

ブルーディスティニー1号機

EXAM発動時を再現するパーツで頭部センサーとメインカメラがクリアレッドになっています。頭部しか変更点がないので、イフリート改と比べると地味な感じ。全身に赤いオーラをまとっている画像もよく見るので、オーラを再現したパーツも欲しかった(価格が上がってしまうが・・・)。




アクションポーズ

では、 ユウ・カジマやマリオンのセリフとともにアクションポーズを!

ブルーディスティニー1号機

「ユウ・カジマ、ブルーディスティニー、出る!」

ブルーディスティニー1号機

「…クッ!」

ブルーディスティニー1号機

「2人とも離れてくれ!」

ブルーディスティニー1号機

「EXAM起動・・・。」

ブルーディスティニー1号機

「乱暴をしないで!」

ブルーディスティニー1号機

「ニムバス、その傲慢さを償え」




まとめ

ブルーディスティニー1号機

以上、ROBOT魂 ブルーディスティニー1号機 ver. A.N.I.M.E. レビューでした。

1年戦争時代の機体でも定価で9900円と価格上昇が著しいROBOT魂。出来自体は非常によく、カラーリングも成型色ですが、安っぽさを感じませんでした。EXAM発動時の再現が頭部の交換パーツだけで、イフリート改のようなエフェクトパーツが欲しかったと思う。

なぜかジムコマンド(モルモット隊仕様)が一般販売で、ブルーディスティニー2号機(まだ予約できる)と3号機はプレバンでの発売となったけど、目新しさが無い機体ので仕方ないのかな。



-ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ