HGUC

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

2020/7/18

HGUC ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]レビュー

HGUC ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ] レビュー。 機体説明 ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]は、『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場する機体だ。ガンダムTR-1の最終形態であり、ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]のデータをフィードする形で開発されている。上半身はガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]、下半身はほぼガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]だがサブアームは、ガンダムTR-6[ウーンドウォート]のアームをサブアームとしてアップデートされている。この機体が運用 ...

ガンダムFSD

2020/5/11

HG ガンダムFSD レビュー

HG ガンダムFSD レビュー。 機体説明 ガンダムFSDは『機動戦士ガンダム THE ORIGIN MSD ククルス・ドアンの島』に登場する機体だ!FSDとは各装備の強化や改修を目的とした全規模開発(Full Scale Development)の機体である。局地型ガンダムとパーツを共通化し、量産することを前提とし、基本性能は局地型ガンダムより向上。南米ジャブローで実戦投入されている。搭乗者は連邦軍兵士。 2018年4月、ジオン軍を恐怖に陥れた黒いやつ(ガンダム)が登場だ!!! 本体(未武装) まずはガ ...

ハイゼンスレイII

2020/1/4

HG ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII]レビュー

HG ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII] レビュー。 機体説明 ガンダムTR-6[ハイゼンスレイII]は、『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場。ガンダムTR-6[ウーンドウォート]をコアとしたアドバンス形態の通称が、[ハイゼンスレイII]である。 ガブスレイの機体特性を模した高速戦闘形態となっており、かなりの大型MSとなっている。オプションとしてフルドドIIが装備可能である。搭乗者はエリアルド・ハンター。 プレミアムバンダイ限定で、待望のキット化!!! 本体(未武装) まずはガ ...

ガンダム6号機

2019/12/26

HGUC ガンダム6号機(マドロック)レビュー

HGUC ガンダム6号機(マドロック) レビュー。 機体説明 ガンダム6号機(マドロック)は、『ジオニックフロント 機動戦士ガンダム0079』に登場。ガンダムに、300mmキャノン砲の固定火器を追加した砲術戦に対応した機体である。 機体は一年戦争時に運用され、ジオン公国軍『闇夜のフェンリル隊』と交戦。未完成状態、脚部に可変スラスターを搭載した完成状態撃ともに撃退されている。(ザクにやられたガンダム)搭乗者はエイガー。 ガンダム6号機(マドロック)が、プレミアムバンダイ限定で発売。 本体(未武装) まずはガ ...

HGUC,TR-5,フライルー

2019/10/17

HGUC TR-5[フライルー]レビュー

  HGUC 1/144 TR-5[フライルー]のレビュー。 機体説明 TR-5[フライルー]は「機動戦士Zガンダム」のサイドストーリである「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」(以降AOZと略称)に登場する。AOZはティターンズの視点で描かれた物語だ。 ギャプランの改修機であり、強化人間でなくても使用できるようになっている。ギャプランからの大きな改修点は、頭部をヘイズルと同等のガンダムタイプへ変更、当初はギャプランの両腕に装備されていたムーバブル・シールド・バインダーを、TR- ...

2019/9/30

HGUC ガルバルディβ レビュー

  HGUC 1/144 ガルバルディβのレビュー 機体説明 ガルバルディβは、宇宙世紀0087年を舞台とする『機動戦士Ζガンダム』に登場する。 旧ジオン公国軍のガルバルディα(ゲルググの後継機とも言われる)を接収した地球連邦軍が近代化改修した機体。改修によって高い機動性を獲得し、同時期の機体に匹敵するほどの格闘戦性能を発揮した。開発はルナツー基地で行われている。 当初は一部のエースパイロットに配備されたのみ。 ライラ・ミラ・ライラ、ジェリド・メサ(テレビ版のみ)などが搭乗。 2018年6月に完 ...

2019/9/23

HGUC TR-1[ヘイズル2号機]レビュー

  HGUC 1/144 TR-1[ヘイズル2号機]のレビュー。 機体説明 ヘイズルは「機動戦士Zガンダム」のサイドストーリである「ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに」(以降AOZと略称)に登場する。AOZはティターンズの視点で描かれた物語だ。 元々は母艦アスワンにストックされたヘイズルの補修、交換用パーツを組み立てて造り上げられた予備機。(頭部以外はジム・クゥエルと同一だった) ティターンズ・テスト・チームのパイロット、エリアルド・ハンター中尉のジム改高機動型の中破を機に、新たな乗機とし ...

© 2021 ノアのガンプラライフ