ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

ROBOT魂 ガンダム試作3号機ステイメン ver. A.N.I.M.E.

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. ROBOT魂 >

ROBOT魂 ガンダム試作3号機ステイメン ver. A.N.I.M.E.

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






ROBOT魂 ガンダム試作3号機ステイメン ver. A.N.I.M.E.  レビュー。

ガンダム試作3号機ステイメン

機体説明

ガンダム試作3号機ステイメンは『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する機体だ!デンドロビウムとの合体を前提しているが、MS自体の性能も高く、次世代装備であるリニアシートと全天周囲モニターを装備している。劇中でのMS単体の活躍は、1シーンのみである。搭乗者は、ウ・ウラキ。

2021年4月、GPシリーズ最後の機体であるガンダム試作3号機ステイメンがROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.で登場!

本体(未武装)

ガンダム試作3号機ステイメン

まずはガンダム試作3号機ステイメンの正面より(箱から出した状態)。ガンダムらしく、カラーリングはトリコロールカラーだ!

ガンダム試作3号機ステイメン

頭部の上下可動。上へ可動範囲が広いのは、デンドロビウム(オーキス)から分離するポーズを再現するためだ!

ガンダム試作3号機ステイメン

頭部の左右可能。非常に良好。頭部ラインの墨入れが、目立つ!

ガンダム試作3号機ステイメン

腕は、180度近くまで上げることができるという優秀さ!!!

ガンダム試作3号機ステイメン

開脚も可能。このキット、可動範囲がかなり優秀だぞ!

ガンダム試作3号機ステイメン

足裏は、バーニア部分が別パーツとなっている。

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

サイドスカートにある、テール・バインダーが特徴となっている。

ガンダム試作3号機ステイメン

本機の最大の特徴である、フォールディング・アーム。展開が、差替えなしで完全に再現!

ガンダム試作3号機ステイメン

フォールディング・アームを展開すると、なかなかのリーチとなる。

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

テール・バインダーの可動域は、それなりの自由度あり。

ガンダム試作3号機ステイメン

足元のセンサーは、塗装で再現している。

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

バックパック自体が可動するという、珍しいタイプ。

ガンダム試作3号機ステイメン

バックパックの先端には、ビール・サーベルを格納できる(未格納状態)。

ガンダム試作3号機ステイメン

腰にあるスタビライザーも動く。




付属品

ガンダム試作3号機ステイメン

付属品一覧。

ガンダム試作3号機ステイメン

交換用手首の計4種(平手2種、持ち手2種)。

ガンダム試作3号機ステイメン

予備の頭部アンテナ。

ガンダム試作3号機ステイメン

ビーム・ライフル。ガンダム試作1号機フルバーニアンと同様のもの。

ガンダム試作3号機ステイメン

Eパック方式は取り外しできる。また銃身下部には「ジュッテ」と呼ばれる小型ビーム・サーベルを装着が可能だ。

ガンダム試作3号機ステイメン

ビーム・ライフルのエフェクトパーツ。2パーツ構成となっている。

ガンダム試作3号機ステイメン

フォールディング・バズーカ。弾倉は、取り外し可能。センサーはピンクで塗装となっている。

ガンダム試作3号機ステイメン

バズーカとしては珍しく、折りたたみができるタイプ。

ガンダム試作3号機ステイメン

ビーム・サーベル。ガンダム試作1号機フルバーニアンとは、形状が異なる。

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

ビーム・サーベルエフェクト。直線と曲線の2種類あり。

ガンダム試作3号機ステイメン

フォールディング・シールド。裏面には、Eパックを4個装着できるが、Eパックは2個しかない。4個装着するには、ガンダム試作1号機フルバーニアンのものを持ってくる必要あり。

ガンダム試作3号機ステイメン

フォールディング・シールドは、折りたたみが可能。

ガンダム試作3号機ステイメン

テール・バインダーにバーニアエフェクトを装着する場合、こちらのパーツに差替える必要あり。




本体(武装状態)

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

武装を装備したガンダム試作3号機ステイメン。劇中では、MS単体でフォールディング・バズーカ装備はなかったので、ビーム・ライフル装備に。

ガンダム試作3号機ステイメン

ビーム・サーベルの格納状態。開くとビーム・サーベルが出てくる仕様となっている。

ガンダム試作3号機ステイメン

フォールディング・シールド側の接続部が可動するため、腕を動かさずに向きを変えれる。

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

バーニアエフェクトの装着箇所は少ない、バックパック、テール・バインダー、足裏の3か所。

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作3号機ステイメン

ガンダム試作1号機フルバーニアンとの比較。ガンダム試作3号機ステイメンの方が、スマートな体形となっている。




アクションポーズ

ではコウ・ウラキの名言とともにアクションポーズを!!!

ガンダム試作3号機ステイメン

「行けぇぇぇー!」(コウ・ウラキ)

ガンダム試作3号機ステイメン

「うそだろ、ニナ」(コウ・ウラキ)

ガンダム試作3号機ステイメン

「モーラ!ステンメンを出す!どいてくれ!」(コウ・ウラキ)

ガンダム試作3号機ステイメン

「阻止、限界点を越えた!」(コウ・ウラキ)

ガンダム試作3号機ステイメン

「待っていたのか、俺の為に!」(コウ・ウラキ)




まとめ

ガンダム試作3号機ステイメン

デンドロビウムではなく、ガンダム試作3号機ステイメンでの登場。可動が非常によく、シンプルな機体・武装構成ながら動かすのが楽しい機体となっている。フォールディング・アームの展開を完全に再現しているのは、さすがだ!

ぜひ、オーキス(数万になる?)、ガンダム試作0号機ブロッサム、ガンダム試作4号機ガーベラの立体化も待っているぞ!!!



-ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ

© 2021 ノアのガンプラライフ