ROBOT魂

ROBOT魂(Ka signature) スーパーガンダム レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. ROBOT魂 >

ROBOT魂(Ka signature) スーパーガンダム レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. おもちゃ ストア
  2. おもちゃ ストア
  3. おもちゃ ストア
  4. おもちゃ ストア
  5. おもちゃ ストア
  6. おもちゃ ストア
  7. おもちゃ ストア
  8. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  9. おもちゃ ストア
  10. ロボット
  11. おもちゃ ストア
  12. 機動戦士ガンダム
  13. おもちゃ ストア
  14. おもちゃ ストア
  15. おもちゃ ストア
  16. おもちゃ ストア
  17. 機動戦士ガンダム
  18. 機動戦士Vガンダム
  19. おもちゃ ストア
  20. おもちゃ ストア

新着アイテム  

icon icon
4月19日16時よりデミバーディングが予約開始!</span9

icon icon
4月12日16時よりアムロ専用ディジェが予約開始!

icon icon
4月5日16時よりJ基地仕様が予約開始!

icon icon
4月5日16時よりJ基地仕様が予約開始!






 

スーパーガンダム

ROBOT魂(Ka signature) スーパーガンダム レビュー。

機体説明

スーパーガンダムは、『機動戦士ガンダムZガンダム』に登場する。RX178 ガンダムMk-2は、エゥーゴの主力して活躍するが、ティターンズの可変MS登場により苦戦を強いられるようになる。そこで可変MSとの高速戦闘に対応すべく、FXA-05D Gディフェンサーが考案された。

Gディフェンサーは、ガンダムMk-2とドッキングして巡航形態のGフライヤー、攻撃形態のMk-2ディフェンサー(スーパーガンダム)へ変形する。搭乗者はエマ・シーン。

019年10月にプレミアム・バンダイ限定で『スーパーガンダム』がROBOT魂(Ka signature) で登場だ。

ROBOT魂(Ka signature) スーパーガンダム レビュー

スーパーガンダム

まずはガンダムMk-2の正面より。エゥーゴ仕様で塗装が行われており、塗装は非常にきれいだ。マーキングも全身に施されている。

スーパーガンダム

ツインカメラアイ、肩部のセンサーはメタリック塗装となっている。

スーパーガンダム

スーパーガンダム

横から見ると、ガンダムMk-2のマッシブな体形が再現されているのがよくわかる。肩部のバーニア、足のスラスター内部の黄色部分もしっかりと再現している。

スーパーガンダム

バックパック上部にGディフェンサーとの接続部がある。カバーを外す必要あり。

Gディフェンサー

次はGディフェンサーの正面より。Gディフェンサーもしっかりと塗装が行われているぞ!

Gディフェンサー

左右の翼は可動することができる。ミサイル・ベイは開閉可能であり、内部のミサイルが再現されている。

Gディフェンサー

Gディフェンサー

ガンダムMk-2と比較すると控えめだが、マーキングも行われている。

Gディフェンサー

エキステンションブースターのバーニアの赤枠もしっかりと塗装が行われている。




付属品

スーパーガンダム

付属品一覧。
左からシールド、ビーム・ライフル、ビームライフルのEパック×3、ハイパー・バズーカ、ビーム・サーベル×2、バルカン・ポッド・システム、交換用手首の計4種(平手-閉じた状態、銃の持ち手、ビーム・サーベルの持ち手、平手-開いた状態)、ビーム・サーベルエフェクト×2、ロング・ライフル。

ガンダムMk-2

ビーム・ライフルのセンサー部は、メタリック塗装となっている。

ガンダムMk-2

ハイパーバズーカの弾倉は取り外しが可能だ!!!

スーパーガンダム

スーパーガンダムの特徴であるロング・ライフル。もちろんセンサー部はメタリック塗装である。

ガンダムMk-2

エゥーゴのマーキングがかっこいいぞ!!! シールド裏の上部にEパック×2を装備可能。

ガンダムMk-2

シールドの収納状態も再現可能だ。




本体(武装状態)

ガンダムMk-2

ガンダムMk-2の武装状態である。

ガンダムMk-2

サイドアーマーにビーム・ライフルを懸架することができる。(擦れる可能性があるので注意が必要!!!)

ガンダムMk-2

腰部にマウントラッチにハイパー・バズーカを懸架可能だ。ノアは塗装が剥げるのが怖くて、
乗せているだけだ

スーパーガンダム

スーパーガンダムの状態に。さすがに後ろが重くなるため自立はかなり難しい。スタンドを使用した方がいい。

スーパーガンダム

Gディフェンサーの存在がすごい。ガンダムMk-2の上半身は隠れてしまう。

スーパーガンダム

巡航用のGフライヤーも再現可能だ。

スーパーガンダム

下から見るとガンダムMk-2が丸見えである。防御に関して非常に危険な状態と思うは、ノアだけだろうか。




アクションポーズ

では「エマ・シーン」名言とともにアクションポーズを!!!

ガンダムMk-2

「ティターンズは、ジオンの残党狩りのチームですよ? あたしもその一員です」(エマ・シーン)

ガンダムMk-2

「私、カミーユの母親代わりにはなれませんよ」(エマ・シーン)

ガンダムMk-2

「男のヒステリーはみっともないわよ!」(エマ・シーン)

ガンダムMk-2

「貴男と私は、恋人でも何でもないんだから」(エマ・シーン)

スーパーガンダム

「自分の都合で大人と子供を使い分けないで!」(エマ・シーン)

スーパーガンダム

「カミーユは本能的に私を好きですから」(エマ・シーン)

スーパーガンダム

「男って戦争になると元気で頭も回るようね」(エマ・シーン)

スーパーガンダム

「寂しがる事はなくてよ。」(エマ・シーン)

スーパーガンダム

「あたし、結婚考えてませんから」(エマ・シーン)

まとめ

しっかり塗装されている(はみ出しなどもない)ため、飾っているだけでも非常にかっこいいのはさすがROBOT魂(Ka signature)といったところだろう。

ガンダムMk-2、Gディフェンサー各々で遊ぶことができる上、合体形態のスーパーガンダム、Gフライヤーにもできるため、遊びの幅が広いのは楽しい限りだ。またアニメ仕様にはない形態(ミサイル・ベイを前腕に装着)もあるのは嬉しい。

魂ネイション2019では、Zガンダム、ZZガンダムも展示されていたので、一緒に並べたいぞ。
ノアとしては、メガライダーが一番発売してほしい!!!




機動戦士Zガンダム 関連商品

icon

icon icon

icon icon



-ROBOT魂
-