METAL BULD レビュー 完成品トイ

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL BULD >

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス レビュー

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon iconicon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス レビュー。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

機体説明

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスは『機動戦士クロスボーン・ガンダム 鋼鉄の7人』に登場する機体だ!

木星帝国との決戦に向けて、クロスボーン・ガンダムX1を大幅に改修。ABC(アンチ・ビーム・コーティング)マントをすべて積層化した特殊装甲、クロスボーン・ガンダムX3に装備されていたIフィールドを両肩に4基、装備している。搭乗者は、トビア・アロナクス。

2021年4月、最後のクロスボーン・ガンダムが登場!!!

本体(未武装)

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

まずはクロスボーン・ガンダムX1 フルクロスの正面より(箱から出した状態)。クロスボーン・ガンダムX1は、黒の装甲色だったが、青系の装甲色に変更となっている。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

フェイスオープンは、差し替えなしで再現。分割線もF91と違い、気にならない。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

頭部の上下可動。クロスボーン・ガンダムX1にはなかったアンテナ(羽のようなもの)が、追加されている。このアンテナを外せば、クロスボーン・ガンダムX1改・改の状態にすることが可能。

頭部の左右可動。非常に良好で、真横を向くことが可能。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

腕は90度近くまで、上げることができる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

開脚とまではいかないが、まずまずの可動範囲。メタルビルドは、ガシガシ動かして遊ぶものではないので、これで十分。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

腕部にブランド・マーカー(未装着)を装備しているのも、クロスボーン・ガンダムX1と同様。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

肩アーマーの前面装甲は、前への可動がある。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

腕は、前への引き出し機構あり。

腰の前後可動。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

腰の左右可動。かなり可動することがわかる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

足は、90度まで上げることが可能。関節はそこまで固くなかった。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

背中は、コア・ファイターを格納するために空洞となっている。

脚部には、ヒート・ダガーを収納。収納状態は、ヒート・ダガーの刃を外し柄のみで収納している。




付属品

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

説明書。機体解説を付けてくれると完璧なんですけど・・・

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

交換用頭部。右目に眼帯がある

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

交換用手首の計5種(平手2種、持ち手3種)。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1と違い、胸部はドクロのレリーフとなり、目の部分はガトリング砲となる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ブランド・マーカー。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ブランド・マーカーのエフェクトパーツ。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ブランド・マーカーは、ビーム・シールドとしての機能もあり。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ヒート・ダガーの刃。塗装はされておらず、成型色となる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

手で持つのはもちろんのこと、足裏に装備することが可能。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ビーム・サーベル。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

バスターガン。クロスボーン・ガンダムX1から特に変更なし。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ビーム・ザンバー。淵の部分は金色で塗装。柄の部分にザンバスター時に使用するグリップが格納されている。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ビーム・ザンバーのエフェクトパーツは、2種類あり。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ザンバスター。バスターガンとビーム・ザンバーとの合体状態。銃身に弾頭を装着可能。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ピーコック・スマッシャー。計9門の砲口があり、左右の4門は展開が可能(あとで気づきました・・・)。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ピーコック・スマッシャーはかなりの大きさ、重さとなる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ムラサメ・ブラスターのガン・モード。砲口側の上部装甲も展開できるのですが、個体差かうまく展開できず。壊れるのが怖かったので。このままにした。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ムラサメ・ブラスターのソード・モード。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

砲口にエフェクトパーツを取り付けるときは、先端パーツを取り外してから付ける。砲口に付けるエフェクトパーツは、2種類あり。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

コア・ファイター。クロスボーン・ガンダムX1と同様。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

パイロットは、乗っていません。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

シザー・アンカーのチェーン。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1にはなかった、スクリュー・ウェッブが付属している。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

今回のメインである、フルクロスのパーツ。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

台座。フルクロスの文字が記載されているのが、特徴的である。




本体(武装状態)

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

すべての武装を装備した状態(X1 フルクロス)。めちゃボリュームがあり、大迫力となる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

フルクロスは横幅があるが、厚さはそこまでないことがわかる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

フルクロスは装甲が可動するため、動きを妨げない作りとなっているぞ。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

また原作では設定のみであった、フルクロス内のヒート・カッターを再現!

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

破損状態を再現するため、フルクロスの一部パーツを取り外すことが可能だ!

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

両肩のスカルヘッド・ユニットを手で持つことが可能であり、これで原作をシーンを再現できる。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1と比較。フルクロスは、ABCマントを積層化したものである。

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

ABCマントと異なり、フルクロスではスラスターに影響が出ないように設計されている。




アクションポーズ

ではトビア・アロナクスの名言とともにアクションポーズを!!!

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

「トビア・アロナクスは行けなくても、ぼくはきっと行く」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

「もってくれっ!フルクロス!」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

「バイオコンピュータ強制冷却続行!」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

「マシンの・・・あらゆる場所で悲鳴を上げている!」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

「クロス・ボーンガンダムは・・・もう動かない」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロス

「ええ、世界で2番目に・・・」(トビア・アロナクス)




まとめ

クロスボーン・ガンダムX3が先かと思ったが、クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスが登場した。X1の武装に加え、フルクロス、ムラサメ・ブラスター、ピーコック・スマッシャーと武装が豊富なことが特徴となっている。クロスボーン・ガンダムX1にはなかったスクリュー・ウェッブが付属していたのが、地味に嬉しかった。

ぜひ、クロスボーン・ガンダムX0も発売してほしいぞ!(X3は発売が決定しているし・・・)



-METAL BULD, レビュー, 完成品トイ

© 2021 ノアのガンプラライフ