ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

ROBOT魂 ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)ver. A.N.I.M.E. レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. ROBOT魂 >

ROBOT魂 ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)ver. A.N.I.M.E. レビュー

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






ROBOT魂 ガンダム試ROBOT魂 ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)ver. A.N.I.M.E. レビュー。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

機体説明

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)は、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場する機体だ!一年戦争後期に開発されたゲルググの海兵隊仕様の機体であり、指揮官機は特に機動力を強化。シーマ専用武装として大型ビーム・ライフルを装備している。搭乗者はシーマ・ガラハウ。

2021年2月、ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)がROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.で登場!!!

本体(未武装)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

まずはゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)より。紫と黄土色(カーキー)のカラーリングだ。フロントスカートはゲルググと同様の作り。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

指揮官機には、一般機にはない頭部バルカンを装備。しっかり再現されているぞ。(まだブレードアンテナは未装着)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

頭部の可動域はまずまずといったところ・・・。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

頭部カバーを外せば、モノアイを左右に動かすことが可能だ。モノアイ自体はピンクで塗装。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

肩アーマーが大型のため、腕の可動範囲に若干ながら制限がある。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

フロントアーマーの影響で脚部の可動範囲は狭い。これはガトー専用ゲルググと同様。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ただフロントアーマーを少し格納することができ、脚部の可動範囲を広げることができるぞ!!!

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ガトー専用ゲルググと比較すると脚部の形状が複雑になっていることがわかる。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

左右の腕には、110mm速射砲を装備。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ビーム・サーベルは、サイドアーマーに格納(初めて知りました!)。柄の部分しかないが、取り出すことも可能となっている。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

足はここまでしか上げることができず・・・。ゲルググの宿命ですな。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

しかし、つま先が独立可動するというギミックがあるぞ。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググにはなかったバックパックを装備。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

脚部にはバーニアも追加されており、高機動というものうなづける。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

足裏やリアスカート内にもバーニアは存在する。




付属品

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

付属品一覧。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

交換用手首の計5種(平手2種、持ち手3種)。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ブレードアンテナ、バックパックのアンテナ。バックパックのアンテナは倒れたときに折れるのは予備はうれしい。(実際倒れた時に折れた・・・)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

大型ビーム・ライフル。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

センサーはピンクで塗装。ドラム式マガジンは取り外すことが可能。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

大型ビーム・ライフルエフェクト。かなり重さがあり、腕が垂れてくる。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ビーム・サーベル。2本付いている。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ビーム・サーベルエフェクト(直線)。機体が大きいため、いつもより短く感じる。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ビーム・サーベルエフェクト(曲線)。直線エフェクトは2本あるが、曲線エフェクトは1本のみ。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

シールド。覗き穴がついており、かなり大型なシールドだ。特に武装があったり、格納したりという付加機能はない。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

バックパックに装着するプロペラント・タンクが4基。




本体(武装状態)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

すべての武装を装備したゲルググM指揮官機。武装にシールドと、すべてが大型なのが特徴だ!!!

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

シールドは機体をほぼ覆うことができるほど大きい。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

バックパックにプロペラント・タンクを装着。一般機は2基だが、指揮官機は4基となる。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

プロペラント・タンクは接続部が可動できるぞ。ただ動かしすぎると取れやすい。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

バーニアエフェクトは3つ付いており、背面を中心にバーニアエフェクトを装着できるようになっている。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググJとの比較。

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググJよりも大型な機体となっている。バーニアやスラスターの数はゲルググM指揮官機の方が多い。両機とも一年戦争時に開発された機体だが、どちらが先に開発されたのだろうか。




アクションポーズ

ではシーマ・ガラハウの名言とともにアクションポーズを!!!

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

「目障りな!あまり肩入れしないでほしいな」(シーマ・ガラハウ)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

「選り取り見取り!!!」(シーマ・ガラハウ)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

「このシーマの上前をハネるつもりかい!」(シーマ・ガラハウ)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

「なんだありゃ? バッタか!」(シーマ・ガラハウ)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

「ガトー、やってくれるよ、ガトー!」(シーマ・ガラハウ)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

「ぶつよ!!!」(シーマ・ガラハウ)




まとめ

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)

ゲルググM指揮官機(シーマ・ガラハウ機)がやっと登場!!!。大型機体、だが爽快な機動力があるアクションが似合う機体となっている。機体だけでなく武装も大型のため、迫力があるアクションが取れる魅力的なキットとなっているぞ!。

シーマ機としてガーベラ・テトラの立体化も決定しており、非常に楽しみだ!(ゲルググM一般機の発売が決定したよ)

 



-ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ

© 2021 ノアのガンプラライフ