ROBOT魂 レビュー

ROBOT魂 ガトー専用ゲルググ ver. A.N.I.M.E.

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. ROBOT魂 >

ROBOT魂 ガトー専用ゲルググ ver. A.N.I.M.E.

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ







ROBOT魂 ガトー専用ゲルググ  ver. A.N.I.M.E. レビュー。

ゲルググ

機体説明

ガトー専用ゲルググは、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場。先行量産型ゲルググをアナベル・ガトーのパーソナルカラーである青と緑で塗装した機体である。ゲルググはザクⅡに代わる次期主力MS(モビルスーツ)と採用され、スペック上はガンダム(RX78)と同等以上となっている。(搭乗者はアナベル・ガトー)

2019年12月、『ソロモンの悪夢』アナベル・ガトー専用ゲルググがROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.で登場。

本体(未武装)

ゲルググ

まずはガトー専用ゲルググの正面より。アニメのプロポーションを忠実に再現しており、無骨なデザインとなっている。

ゲルググ

頭部を外して、モノアイを可動されることができる。

ゲルググ

ゲルググ

一年戦争のMS(モビルスーツ)なので、シンプルなデザインとなっている。手が大きいもの特徴である。

ゲルググ

頭部は隊長機用のブレード付頭部も付属するぞ!!!

ゲルググ

腰部のスカートアーマーが干渉するが、座ることができる。

ゲルググ

ゲルググはバーニアが足に集中しており、しっかりと再現されているぞ。

ゲルググ

背中にバックパックがなく、スラスターもないという珍しいMS(モビルスーツ)である。

ゲルググ

背中にはシールド、ビーム・ナギナタグリップを背面にマウントが可能だ。




付属品

ゲルググ

左より試作型ビーム・ライフル本体、試作型ビーム・ライフルストック、ビームライフル、シールド、ビーム・ナギナタグリップ(長、中、小)、ビーム・ナギナタエフェクト2種、隊長機用頭部、ブレードアンテナ予備、シールドグリップ、試作型ビーム・ライフルハンドル、交換用手首の計4種(銃の持ち手2種、平手、ビーム・サーベルの持ち手)

ゲルググ

本商品の最大の目玉、試作型ビーム・ライフルである。非常に大きい!!!センサーはメタリック塗装されているぞ。

ゲルググ

センサーはピンクで塗装済。

ゲルググ

シールドの表側は塗装されており、非常にキレイに仕上がっている。




本体(武装状態)

ゲルググ

ゲルググ

ビーム・ライフルを装備した状態。シールドは背中にマウント可能だ。

ゲルググ

もちろんシールドを手に持つこともできる。

ゲルググ

ビーム・ナギナタグリップは、背中上部にも装備可能だ。

ゲルググ

ビーム・ナギナタの直線エフェクトを付けた状態。ビーム・サーベルに似た形である。

ゲルググ

こちらのビーム・ナギナタのエフェクトの方がよく見る姿ではなかろうか。

ゲルググ

試作型ビーム・ライフルの長さがよくわかるのではないだろうか。非常に大きくて長い!




アクションポーズ

では「アナベル・ガトー」名言とともにアクションポーズを!!!

ゲルググ

「ドロワが…!」(アナベル・ガトー)

「連邦のザコどもが!!!」(アナベル・ガトー)

ゲルググ

「生き恥を晒せと!? 私は行きます!」(アナベル・ガトー)

ゲルググ

「連邦の白い悪魔め!」(アナベル・ガトー)

ゲルググ

「では、試してみるか」(アナベル・ガトー)

ゲルググ

「ソロモンよ、私は帰ってきた!」(アナベル・ガトー)

まとめ

ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.らしく、自然なアクションが可能となっており動かすのが楽しい機体となっている。特に試作型ビーム・ライフルの大きさ&長さがあり、迫力のあるアクションが可能となっているのはさすがである。

また試作型ビーム・ライフルだけなく、通常のビーム・ライフルも付属しているのは嬉しい。ノアは試作型ビーム・ライフルだけしかないと思っていた。

ぜひアナベル・ガトー専用リックドムも発売してほしいぞ!!!





-ROBOT魂, レビュー

© 2021 ノアのガンプラライフ