METAL BULD レビュー 完成品トイ

METAL BUILD ガンダムアストレア+プロトGNハイメガランチャー レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL BULD >

METAL BUILD ガンダムアストレア+プロトGNハイメガランチャー レビュー

新着アイテム  

icon icon
↑12月2日 12時より予約開始!アウトフレームD!

icon icon
↑12月2日 12時より予約開始!ウィザードセット!

icon icon
↑12月2日 12時より再販開始!ザフト次世代MS!

icon icon
↑12月2日 12時より再販開始!テスタメント!

icon icon
↑11月25日 16時より予約開始!フライトタイプ!






METAL BUILD ガンダムアストレア+プロトGNハイメガランチャー  レビュー

ガンダムアストレア

機体説明

ガンダムアストレアは、『機動戦士ガンダム00P』に登場する機体だ!

ソレスタルビーイングの第二世代ガンダムで、第三世代のガンダムエクシアのベースとなった機体。第三世代ガンダムに装備される武装をテストすることを目的となっている。本アイテムの特徴であるプロトGNハイメガランチャーは、メタルビルドオリジナル武装である。搭乗者は、ルイード・レゾナンス。

本体(非武装)

ガンダムアストレア

ガンダムアストレアの正面より(箱から出した状態)。エクシアとは異なり、白を基調としたカラーリング。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

頭部アップ。胸部にあるグラビカルアンテナは取り外しでき、武装をつなげることで直接GN粒子を供給することが可能。

ガンダムアストレア

頭部の上下可動。アゴをかなり引くことが可能。

ガンダムアストレア

頭部の回転。胸部のグラビカルアンテナと干渉するため、360度回すことができない。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

腕は90度以上あげることが可能。エクシアには腕に粒子供給コードが存在するが、ガンダムアストレアはない。

ガンダムアストレア

腕を前に引き出すことができる。

ガンダムアストレア

足裏。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

エクシアでは、腕や脚部にGNコンデンサー(緑部分)が存在したが、ガンダムアストレアではウェポンアタッチメントとなっている。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

上半身の可動。

ガンダムアストレア

脚部は、太ももを水平まで上げれるし、後ろへの可動範囲も広い。意外と接地面が広く、片足で立つことも可能。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

太陽炉を搭載していおり、スリースラスターとなっているのが特徴。

ガンダムアストレア

スリースラスターは展開が可能であり、展開時にGNドライヴが飛び出してくる仕様。




付属品

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

付属品。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

メタルビルド恒例のフルカラー説明書。ただし機体説明などはない。

ガンダムアストレア

交換用手首の計4種(平手1種、持ち手3種)。

ガンダムアストレア

GNビームライフル。銃身後部より腕に接続でき、機体よりGN粒子を供給できる。

ガンダムアストレア

GNランチャー。ガンダムヴァーチェのGNバズーカのプロトタイプになる。私用ガンダムアストレア

機体に接続して使用するが、使用時は胸部のクラビカルアンテナを外す必要あり。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

プロトGNソード。エクシアのものとは異なり、ビーム・ライフルは内蔵されていない。

ガンダムアストレア

GNビームサーベル。2本あり。

ガンダムアストレア

GNビームダガー刃のエフェクトパーツ。

ガンダムアストレア

GNビームサーベル刃のエフェクトパーツ。

ガンダムアストレア

プロトGNハイメガランチャー。

ガンダムアストレア

プロトGNハイメガランチャーは折りたたみ可能。

ガンダムアストレア

GNシールド。1枚のみで、側面が展開できる。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

大型GNシールド。GNコンデンサーを内蔵で、控えめだが展開ギミックあり。




本体(武装状態)

ガンダムアストレア

まずは通常装備のガンダムアストレアから。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

GNビームライフルは腕だけでなく、脚部にもアタッチできる。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

GNビームサーベルはエクシアと同様に腰部に装備。

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

メタルビルドオリジナルの武装を装備した状態。

ガンダムアストレア

大型GNシールドは、腕に接続し保持することが可能。

ガンダムアストレア

プロトGNハイメガランチャーの後部にケーブルを付け替えることもできる。個人的には後部に付けた方が可動範囲が広がるのでオススメ。

ガンダムアストレア

大型GNシールドは背中のジョイントパーツより接続もできる。ダレたりしないので、保持力は高い。




アクションポーズ

ではアクションポーズを!!!

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア

ガンダムアストレア




まとめ

ガンダムアストレア

予約開始(2019年6月)時は予約しなくて、スルーしたんだけど、抽選販売の機会に購入。近距離、遠距離の装備を換装することが、プレイバリューが幅広いアイテムとなっているのが特徴。ノアは迫力のあるプロトGNハイメガランチャーの装備した形態で飾っている。やっぱりロマン武器に惹かれてしまう!!!



-METAL BULD, レビュー, 完成品トイ