METAL BULD レビュー 完成品トイ

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX3 レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL BULD >

METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX3 レビュー

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






METAL BUILD クロスボーン・ガンダムX3 レビュー。

クロスボーン・ガンダムX3

機体説明

クロスボーン・ガンダムX3は、『機動戦士クロスボーンガンダム』に登場する機体だ!クロスボーン・ガンダムX1~X2と基本的な仕様は同じであるが、武装面で新技術が導入されている。ムラサメ・ブラスターや腕部Iフィールド発生装置がその例である。Iフィールドは、片側105秒(左右で210秒)の使用制限時間があり、冷却に120秒間使用不能になるなど実験的要素が強い。搭乗者は、トビア・アロナクス。

2021年8月、メタルビルドよりクロスボーン・ガンダムX3が登場!!!

本体(未武装)

クロスボーン・ガンダムX3

まずはクロスボーン・ガンダムX3の正面より(箱から出した状態)。新しいカメラを購入し、撮影!クロスボーン・ガンダムX3の見事なブルーをしっかりと撮影できている。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

頭部後ろのトサカを引き上げると、フェイスオープンが行われる。

クロスボーン・ガンダムX3

頭部の前後可動。後ろへの可動が優れている。

クロスボーン・ガンダムX3

頭部の左右可動。頭部は新規造形となっており、額にナンバリング「3」の造形あり。

クロスボーン・ガンダムX3

胸部のドクロマークも新規造形で、ドクロの瞳にバルカン砲がある。これはクロスボーン・ガンダムX3のみの装備。

クロスボーン・ガンダムX3

腕は90度近くまであげることができる。

クロスボーン・ガンダムX3

脚部は開脚とまではいかないが、メタルビルドとしては広いほうだと思う。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX1X2と異なり、腕にIフィールド発生装置を装備!こちらはIフィールド発生装置を展開させた状態。

クロスボーン・ガンダムX3

内側部分もしっかりと造形があるぞ!

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX1X2より、ドクロマークで胸部が若干ボリュームアップしている。

クロスボーン・ガンダムX3

腰の前後可動。若干ながら後ろへの可動あり。

クロスボーン・ガンダムX3

腰の回転範囲。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

太ももの上げれる範囲が広いことにびっくり!蹴りポーズも難なくこなせるかと。

クロスボーン・ガンダムX3

コア・ファイターを格納していない状態のため、背中は空洞となっている。

クロスボーン・ガンダムX3

脚部には、ヒート・ダガー(柄だけ)を格納。




付属品

クロスボーン・ガンダムX3

説明書。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

付属品一覧。武装の多さもあり、かなりの数となる。では詳細に紹介するぞ!

クロスボーン・ガンダムX3

フェイズオープンのギミックなしとなる頭部。

クロスボーン・ガンダムX3

交換用手首の計5種(平手1種、持ち手4種)。

クロスボーン・ガンダムX3

平手は、Iフィールド発動時のイメージとなっている。

クロスボーン・ガンダムX3

新規武装のフック&シザー・シールド。シールドモードからシザーモードの変形が可能。原作では装備しておらず、クロスボーン・ガンダムX1パッチワークが装備していたもの。

クロスボーン・ガンダムX3

フックは、付属のチェーンを使用して展開可能。

クロスボーン・ガンダムX3

ムラサメ・ブラスターのソードモード。カラーリングは異なるが、クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスと同様のもの。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

先端のビーム・エフェクトは、短・長の2種類あり

クロスボーン・ガンダムX3

ビーム・エフェクトをすべて装備し、14基の小型ビーム・サーベルを発生した状態を再現。

クロスボーン・ガンダムX3

ムラサメ・ブラスターのガンモード。砲身を展開できる。

クロスボーン・ガンダムX3

ビーム・ザンバー。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

ビーム・ザンバー用のエフェクトパーツが2種類あり。

クロスボーン・ガンダムX3

バスターガン。クロスボーン・ガンダムX1とカラーリングも含め同じもの。

クロスボーン・ガンダムX3

ザンバスター。バスターガンとビーム・ザンバーとの合体状態。先端に付属の弾頭を装着することもできる。

クロスボーン・ガンダムX3

ビーム・サーベル。2本あり。

クロスボーン・ガンダムX3

ビーム・サーベルのエフェクトパーツ。ビーム・ザンバーに比べると印象が薄い。

クロスボーン・ガンダムX3

ヒート・ダガー刃。

クロスボーン・ガンダムX3

柄に装着し、手に持つこともできるし・・・

クロスボーン・ガンダムX3

足裏に装着することもできる。

クロスボーン・ガンダムX3

シザー・アンカー。付属のチェーンを使用して展開が可能。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

スクリュー・ウェッブ。クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスから付属されており、同様のもの。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

コア・ファイター。カラーリングが異なるのみで、クロスボーン・ガンダムX1X2クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスと同様。

クロスボーン・ガンダムX3

本アイテム最大の特徴であるエレゴレラ!!!

クロスボーン・ガンダムX3

ある程度の可動があり、腕と・・・

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

頭部を左右に傾けることが可能。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

頭部カバーを外すことができ、コクピットを設定することもできる。

クロスボーン・ガンダムX3

損害箇所の再現度は、かなりのもの。

クロスボーン・ガンダムX3

ムラサメ・ブラスターを持たせて、劇中シーンを再現できる!!!




本体(武装状態)

クロスボーン・ガンダムX3

すべての武装を装備したクロスボーン・ガンダムX3。劇中では登場していない装備状態だ!

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

ムラサメ・ブラスター、ザンバスターは、サイドアーマーに懸架できる。

クロスボーン・ガンダムX3

特徴のある背部の可動式スラスター。これは高重力である木星で活動するためのもの。

クロスボーン・ガンダムX3

バーニアは向きを変更可能。

クロスボーン・ガンダムX3

また可動式スラスターも一本一本、独立して可動する。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX2との比較。

クロスボーン・ガンダムX3

クロスボーン・ガンダムX3

頭部、胸部、腕部の形状以外は、まったく同じ。

クロスボーン・ガンダムX3

やっとクロスボーンガンダムX1~X3が勢ぞろい~!!!




アクションポーズ

では「トビア・アロナクス」名言とともにアクションポーズを!!!

クロスボーン・ガンダムX3

「待っていろ、ベルナデット! 今約束を守る!」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX3

「俺は人間だ!人間でたくさんだ!」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX3

「決着は人間の手でつけます。どうか手をお貸しにならないで」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX3

「おれのほうは、戦争をやってるつもりなどない!」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX3

「ベルナデットは・・・返してもらう」(トビア・アロナクス)

クロスボーン・ガンダムX3

「そうだな。ならば、海賊らしく・・・いただいてゆく!」(トビア・アロナクス)




まとめ

クロスボーン・ガンダムX1 フルクロスより遅れて登場となったクロスボーン・ガンダムX3。新武装(フック&シザー・シールド)は1つで、ほとんどが既に出ていた武装ばっかりではあるが、相変らずの武装の多さが魅力である。さらにエレゴレラがあるため、劇中シーンを再現できるという新たな楽しみが追加されているのもポイントだ!プレミアムバンダイ限定のため、今から手に入れるのが難しいというところがネックなので、再販をしてほしい。

ぜひ、クロスボーン・ガンダムX0も出して欲しいところだ。



-METAL BULD, レビュー, 完成品トイ

© 2021 ノアのガンプラライフ