ROBOT魂 レビュー

ROBOT魂 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E. レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. ROBOT魂 >

ROBOT魂 ヘビーガンダム ver. A.N.I.M.E. レビュー

新着アイテム  

icon icon

iconicon

icon icon

icon icon

icon

一覧はこちらへ







ROBOT魂 ヘビーガンダム  ver. A.N.I.M.E. レビュー。

ヘビーガンダム

機体説明

ヘビーガンダムは、『機動戦士ガンダムMSV』に登場。RX78-2ガンダム強化計画「FSWS」の増加装甲の強化案ではなく、第2案である機体自体を重装甲&重武装とする機体だ。

肩部に「ビームキャノン」、右腕部に覆う形で装備する「フレームランチャー」、「専用ビームライフル」、「専用バズーカ」などを装備する重武装となっている。搭乗者はデン・バザーク。

2020年3月、FSWS計画のヘビーガンダムがROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.で登場。

本体(未武装)

ヘビーガンダム

まずはヘビーガンダムの正面より。本キットではRX78-2ガンダムに増加装甲を追加した形となっている。カラーリングは黒が基調だ

ヘビーガンダム

RX78-2ガンダムのツインアイと異なり、ヘビーガンダムはバイザータイプ。メインカメラ部分は黄色のメタリック塗装だ。

ヘビーガンダム

肩部には増加装甲が装備されているため、90度以上は上がらないぞ。

ヘビーガンダム

増加装甲を装備してても、座ることは可能だ!

ヘビーガンダム

ヘビーガンダム

肩部にはビームキャノンを装備。ノアは実弾兵器と勘違いしていたぞ。

ヘビーガンダム

当然ビームキャノンは可動する

ヘビーガンダム

触っててビックリしたのが、首の可動だ。めちゃ上を向くことができる。

ヘビーガンダム

初めて知ったが、RX78-2ガンダムと異なりバックパックのバーニアは3基となっている。

ヘビーガンダム

増加装甲を外した姿がこちら。バックパックは取り外すことはできない。どちらかというとプロトタイプガンダムに近い。

ヘビーガンダム

外した増加装甲。増加装甲をつけるときのカチ!っという音がなぜか気持ちいいと思ってしまった・・・。




付属品

ヘビーガンダム

左上より、フレーム・ランチャー、専用ビーム・ライフル、専用バズーカ、専用シールド、シールド接続用腕部装甲、シールド用バズーカジョイント、バズーカマウントジョイント、ビーム・サーベル、交換用手首の計4種(ビーム・サーベルの持ち手、銃の持ち手、平手2種)、ビーム・サーベルエフェクト、ビーム・ライフルエフェクト、ビーム・サーベルエフェクト(曲)、バーニアエフェクト×3、ミサイルエフェクト(短、長)、ガトリングエフェクト。

ヘビーガンダム

専用ビーム・ライフルは、ドラム型エネルギーCAPを搭載。

ヘビーガンダム

ビーム・ライフルエフェクトを付けることが可能。

ヘビーガンダム

専用バズーカ。センサー部は珍しく塗装がされていない。弾倉は外れません。

ヘビーガンダム

右腕をフレーム・ランチャーに挿入する形で装備する。非常に大きいぞ!!

ヘビーガンダム

ガトリングエフェクトをつけた状態。

ヘビーガンダム

ミサイルエフェクトは、2個同時に装着することもできる。

ヘビーガンダム

専用シールド。折りたたむこともできるぞ。




本体(武装状態)

ヘビーガンダム

すべてを武装した状態。名前の通り重装備である。

ヘビーガンダム

ヘビーガンダム

専用シールドには専用バズーカを懸架することが可能。




アクションポーズ

では「デン・バザーク」名言とともにアクションポーズを!!!

ヘビーガンダム

「予想通りだな」(デン・バザーク)

ヘビーガンダム

「私の勝ちだな」(デン・バザーク)

ヘビーガンダム

「戦争では情報を制する者が勝つ」(デン・バザーク)

ヘビーガンダム

「私の動き、捉えられるかな」(デン・バザーク)

ヘビーガンダム

「バザーク隊、出るぞ!」(デン・バザーク)

ヘビーガンダム

「当たらんよ!」(デン・バザーク)

まとめ

『機動戦士ガンダム0083』の商品展開を中心となっているROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.での中で発売されてたヘビーガンダム。増加装甲を取り外せるという演出加え、アクションを豊かにするエフェクトパーツが多数付属しているのは、お腹いっぱいという感じだ。

ROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.でガンダム系を初めて購入したが、RX78-2ガンダムも欲しくなったぞ。(購入したらレビューするぞ)

 



-ROBOT魂, レビュー

© 2021 ノアのガンプラライフ