METAL BULD

METAL BULD クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL BULD >

METAL BULD クロスボーン・ガンダムX1 レビュー

新着アイテム  

icon icon

iconicon

icon icon

icon icon

icon

一覧はこちらへ







METAL BULD クロスボーン・ガンダムX1  レビュー。

クロスボーンガンダムX1

機体説明

クロスボーン・ガンダムX1は、『機動戦士クロスボーンガンダム』に登場。S.N.R.I.(サナリィ)が他惑星(木星)用の開発した初めての機体である。S.N.R.I.(サナリィ)社内用の型式番号は『F97』。宇宙海賊へ譲渡する際に『XM-X(不明)』とされた。

クロスボーン・ガンダムの最大の特徴は、背中に広がるX字のスラスター。これは木星の高重力に対応するためである。また海賊軍の戦闘思想により武装は接近戦用に比重がおかれている。搭乗者はキンケドゥ・ナウ。

2019年1月、METALBULD(メタルビルド)より
宇宙海賊クロスボーン・バンガードのクロスボーン・ガンダムX1が発売。

本体(未武装)

クロスボーンガンダムX1

まずはクロスボーン・ガンダムX1の正面より。めちかっこいい!!!の一言。同じFシリーズのF91と比較すると流線型ではなく、角ばったフォルムとなっている。

クロスボーンガンダムX1

クロスボーンガンダムX1

放熱を行うためのフェイス・オープンもしっかり再現されているぞ。

クロスボーンガンダムX1

腕部に装備されているブランド・マーカーを展開することが可能。

ブランド・マーカー

腕部のビーム発生器のビームを近距離攻撃用に収束させる武装。展開してビーム・シールドとして使用可能。

クロスボーンガンダムX1

クロスボーンガンダムX1

全身にゴールドのラインが施されており、金装飾が海賊感を一層高められているぞ!!!

クロスボーンガンダムX1

かかとのスタビライザーは、舶刀(カトラス)をイメージしているとのこと。

クロスボーンガンダムX1

背中はコア・ファイターを収納するため、空洞となっている。

クロスボーンガンダムX1

脚部には、ヒート・ダガーを収納。収納状態はヒート・ダガーの刃を外し柄のみで収納している。

ヒート・ダガー

スラスターの余熱で加熱することにより攻撃力を高めており、引き抜いて近接戦闘で用いる。また、足裏から突き出させて攻撃することも可能。




付属品

クロスボーンガンダムX1

台座には、クロスボーン・バンガードの紋章がマーキングされているぞ。

クロスボーンガンダムX1

ABC(アンチ・ビーム・コーティング)マント。裏側に可動アームと錘があり、ABCマント自体もポージングすることが可能だ。

ABC(アンチ・ビーム・コーティング)マント

対ビームコートが施された特殊防具。ビームが当たると表面が蒸発することでダメージを防ぐことができる。全身を覆えるのは、背部にたためるメイン・スラスターがあるクロスボーン・ガンダムのみである。(通常のMSではスラスター噴射の妨げとなる。)

クロスボーンガンダムX1

エフェクトの一覧。
左からビーム・シールド用×2、ビームザンバー用の2種、ビーム・サーベル用×2、ブランド・マーカー用×2

クロスボーンガンダムX1

クロスボーンガンダムX1

コア・ファイターは専用のグリップがあり、付属の補助支柱だけでなく画像で使用している魂STAGEで飾ることも可能だ。

クロスボーンガンダムX1

左より、ビームザンバー、バスターガン、ヒート・ダガー刃×2、ビリー、ビーム・サーベル×2、非変形頭部、弾頭、交換用手首の計5種(銃の持ち手3種、平手、ビーム・サーベルの持ち手)、シザー・アンカー用チェーン×2

クロスボーンガンダムX1

非変形用頭部。眼帯付アンテナも付属しており、変形用頭部にも取り付けることができる。

クロスボーンガンダムX1

METALBULDオリジナルのビリー。羽根、尻尾が可動するぞ。

クロスボーンガンダムX1

バスターガン。センター部はメタリックで塗装されている。先端には弾頭を装備することが可能だ。

クロスボーンガンダムX1

ビーム・ザンバー。淵の部分は金色で塗装されている。柄の部分にザンバスター時に使用するグリップが格納されている。

クロスボーンガンダムX1

ザンバスター。バスターガンとビーム・ザンバーとの合体状態もしっかり再現!!!。

ザンバスター

ビーム・ピストル部(バスターガン)とサーベル部(ビーム・ザンバー)の分離可能なマルチウェポン。ビーム・ピストルとしての機能は補助的であり、主機能はサーベル部(ビーム・ザンバー)である。ビームが幅広であり、ビーム・シールドを張っていようが敵機ごと切り裂くことが可能。




本体(武装状態)

クロスボーンガンダムX1

コア・ファイターを収納し、武装した状態。X字のメイン・スラスターが非常に特徴的だ。

クロスボーンガンダムX1

フロントスカートアーマーはシザー・アンカーとなっており、チェーンを使用して展開状態の再現が可能だぞ!!!

クロスボーンガンダムX1

ブランド・マーカーは両腕にあり、エフェクトを装備可能だ。

クロスボーンガンダムX1

足裏にはヒート・ダガーを装備可能。

クロスボーンガンダムX1

メイン・スラスターのバーニアは可動して向きを変えることができる。

クロスボーンガンダムX1

メイン・スラスターはたたむことも可能だ。

クロスボーンガンダムX1

ABCマントを装備するときは、胸部を取り外す必要がある。

クロスボーンガンダムX1

ABCマントにはダメージの表現(穴)があり、左右で異なっているというこだわりもある。

クロスボーンガンダムX1

左右の肩にビリーを乗せることが可能だ。




アクションポーズ

では「キンケドゥ・ナウ」名言とともにアクションポーズを!!!

クロスボーンガンダムX1

「マシンが良くても、パイロットが性能を引き出せなければ!」(キンケドゥ・ナウ)

クロスボーンガンダムX1

「死を強いる指導者のどこに真実がある」(キンケドゥ・ナウ)

クロスボーンガンダムX1

「自分の命すら大事だと思えないから人の命を奪うっ!」(キンケドゥ・ナウ)

クロスボーンガンダムX1

「奇跡を見せてやろうじゃないか!」(キンケドゥ・ナウ)

クロスボーンガンダムX1

「お前のとるべき道は2つある」(キンケドゥ・ナウ)

クロスボーンガンダムX1

「貴族主義ははじめからまちがっていたんだよ…ザビーネ」(キンケドゥ・ナウ)




まとめ

METALBULD(メタルビルド)の第二弾宇宙世紀のMSである。海賊をイメージしたアレンジ、配色となっており、めちゃくちゃかっこいいクロスボーン・ガンダムとなっている。近接武器が多数あり、非常に遊びの幅が広い。ポーズを取るのが楽しい機体となっているぞ。

クロスボーン・ガンダムX2のMETALBULD(メタルビルド)は発売されるが、ぜひこの流れでX3、X0も発売してほしいぞ。

フォーミュラ計画 関連商品

icon
icon
icon

icon icon

icon

icon icon

icon icon

icon



-METAL BULD
-

© 2021 ノアのガンプラライフ