AOZ HGUC

HGUC ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 素組み >
  4. HGUC >
  5. AOZ >

HGUC ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]レビュー

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






HGUC ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ] レビュー。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

機体説明

ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]は、『ADVANCE OF Z ティターンズの旗のもとに』に登場する機体だ。ガンダムTR-1の最終形態であり、ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]のデータをフィードする形で開発されている。上半身はガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]、下半身はほぼガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]だがサブアームは、ガンダムTR-6[ウーンドウォート]のアームをサブアームとしてアップデートされている。この機体が運用された記録はなく、ペーパープランのみとなっている可能性が高い。

ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]が最終形態がプレバン限定で登場!!!

本体(未武装)

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

まずはガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]の正面より。上半身はガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]を小型化したものとなっている。下半身はサブアーム以外は、ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]と同じ。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

頭部はハイゼンスレイ系列となっており、横頬のモールドは別パーツ化されているのはうれしい。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

腕は肩アーマが干渉するため、これ以上は上げることはできず・・・。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

足は開脚することができる。ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]のままなので、保持力が弱くすぐにへたってしまうのが残念。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-6[ウーンドウォート]のアームをサブアームした形になっている。手の形は再現されているが展開はできず、武器などを持たすことはできない。ここはもう少し頑張ってほしかったところ。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

肩部にはメガ粒子砲が2門。ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]と同様ものだ。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

バックパックにはブーストポッドが追加されているため、トップヘビーなキットとなっている。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

バックパックの横に小型ながら、スタビライザーが追加されている。外れやすいので接着剤で固定してしまうのもありだ。




付属品

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

説明書は、定番の白黒カラー。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

付属品。コンポジット・シールド・ブースター、次世代ビームライフル(Eパック方式)、Eパック×2、コンポジット・シールド・ブースターの収納状態パーツ、交換用手首の計2種(持ち手2種)、ビーム・サーベルエフェクト。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

次世代ビームライフル(Eパック方式)。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

コンポジット・シールド・ブースターの収納状態。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

コンポジット・シールド・ブースターの展開状態。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

コンポジット・シールド・ブースター。ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]に存在したクロー形態の変形はオミットされている。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ビーム・サーベル。刃のエフェクトが少し短いかな。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ホイルシール。センサー部とコンポジット・シールド・ブースターの砲身に貼る。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

マーキングシール。




本体(武装状態)

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]にホイルシールを貼り、武装した状態。コンポジット・シールド・ブースターは専用のジョイントパーツを使用して腕に装備することが可能。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

上半身の後ろが重いため、後ろに反り返ってしまう。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ヘイズル改が見つからなかったので、TR-6[ウーンドウォート]と比較。ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ]の方が大型の機体となっている。サブアームの中央部がTR-6[ウーンドウォート]の胴体となっているのがよくわかる。

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-6[ハイゼンスレイⅡ]の肩部パーツを取り付けることができる。これにより・・・

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

フルドドⅡを装備することができ、ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ・ラー]形態を再現できるぞ!!!

アクションポーズ

ではT3部隊「カール・マツバラ」名言とともにアクションポーズを!!!

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

「艦長は連続出撃記録でも作らせる気か!」(カール・マツバラ)

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

「もしかして俺って不死身なのかも」(カール・マツバラ)

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

「俺はオードリのいるところに帰る」(カール・マツバラ)

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

「俺、ティターンズに来てよかったよ」(カール・マツバラ)

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

「はは・・・、生きてるじゃないか!」(カール・マツバラ)

ガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]

「TR-6はティターンズの最終兵器だ!」(カール・マツバラ)




まとめ

TR-1の最終形態であるガンダムTR-1 [ハイゼンスレイ]がまさかのキット化。キット自体は今までキット化されたAOZシリーズのパーツを寄せ集め+新規パーツとなっており、まさにヘイズルの集大成の機体となっている。足の関節がすぐへたってしまうのは(個体差?)つらいところだがキット自体の出来はよく、ガンダムTR-1[ハイゼンスレイ・ラー]形態を再現できるのは最高だ!!!(説明書には記載がないけど。)
AOZシリーズはプレバンでよく再販されるので、手に入りやすいのもいい。(2020年7月18日時点で8月発送分を受け付けている)

ティターンズ側はよくキット化されているので、ぜひエゥーゴ側の機体もキット化してほしいぞ(ネモカノンとか!!!)

 

icon icon



-AOZ, HGUC
-

© 2021 ノアのガンプラライフ