HGUC レビュー 機動戦士ガンダムUC 素組み

HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.) レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 素組み >
  4. HGUC >
  5. 機動戦士ガンダムUC >

HGUC ジュアッグ(ユニコーンVer.) レビュー

新着アイテム  

icon icon
↑10月5日 12時より予約開始!レギオン版!

icon icon
↑10月5日 12時より予約開始!ゲームのやつ!

icon
↑10月4日 12時より予約開始!バイファムです!
icon

icon icon
↑10月3日 16時より予約開始!インコム装備型!

icon icon
↑9月30日 16時より予約開始!アルトロンガンダム登場!

icon icon
↑9月28日 18時より抽選開始!ナラティブ版!






HGUC ジュアッグ レビュー

ジュアッグ

機体説明

ジュアッグは、『機動戦士ガンダム ガンダムUC』に登場する機体だ!

ジオン公国軍が開発した機体で、ジャブロー攻略用のアッグシリーズの1機。最大の特徴は、両前腕にある各3本ずつのロケットランチャーで中距離支援を得意とする。見た目からわかる通り、装甲が厚く非常に高い防御力を誇る。

ジオン残党軍のダカール襲撃時は、ジムII、ジムIII、ネモと交戦し複数機を撃破するが、最終的に破壊されている。搭乗者はジオン兵。

2012年3月、ユニコーンVerでHGに登場!価格 1,870円(税込)

本体(ジュアッグ)

ジュアッグ

まずはジュアッグの正面より(モノアイのみシール貼っている)。以前に再生産され積んでいたものを作成。シールで補う部分(例えば胸部のメガ粒子砲)も多く、さすがにHGではすべて色分けするのは難しったといった感じ。

ジュアッグ

ジュアッグ

薄いプラスチックのモノアイカバーを使用。よく見るとメモリが入っているのがわかる。

モノアイは可動できる。可動させる凸が頭部裏にあるので、一度取り外す必要あり。

ジュアッグ

頭部は上下可動はほぼないけど、左右可動あり。ただし、鼻(排気ダクト)が胴体と接触するので、可動範囲が制限される。

ジュアッグ

鼻(排気ダクト)の内部にリード線が使用されているため、このように角度をつけて保持することができる。

ジュアッグ

ジュアッグ

見た目とは反して、腕の可動は意外と広く腕のロケット・ランチャーを好きな方角に向けることが可能。

ジュアッグ

腕は回転させることが可能なので、ロケット・ランチャーを水平・垂直などの向きにできる。

ジュアッグ

ロケット・ランチャーは3本独立可動になっており、好きな角度をつけれる点がいい。

ジュアッグ

脚部は元々角度がついているんだけど、開くこともできる。

ジュアッグ

足首が回転するので、ユニークなポーズを取ることができるぞ!

ジュアッグ

足裏。スクリューも造形されており、塗装すると見栄えがさらに良くなるかと。

ジュアッグ

ジュアッグ

横から見るとわかるけど、めちゃくちゃ装甲が厚い!劇中でジムII、ジムIII、ネモが手こずったのもわかる!

ジュアッグ

実は胴体にも可動軸があり、左右に動かすことができる!これはびっくりした!!!

ジュアッグ

ジュアッグ

背面には、水中航行用の推進機関バックパックと、下部にバーニアあり。




付属品

ジュアッグ

説明書。

ジュアッグ

裏側にはキットの操作説明あり。

ジュアッグ

頭部に使用されているモノアイシールド。

ジュアッグ

マーキングシール。他のキットにも流用できそう。

ジュアッグ

ホイルシール。鼻(排気ダクト)や胸部メガ粒子砲を再現するのに使用する。




アクションポーズ

ではアクションポーズを!!!

ジュアッグ

ジュアッグ

ジュアッグ

ジュアッグ

ジュアッグ




まとめ

ジュアッグ

アッグシリーズの1つとしてジュアッグが登場したのが、2012年と既に10年前キット。比較的?最近のキットだけあって出来は非常によく、体型も劇中の姿をしっかりと再現している。このキットはユニコーンVerなので腕の武装もロケット・ランチャー(元はロケット砲)をしっかりと再現している。

ぜひ、アッグ、アッグガイもキット化(旧キットではあるけど)していただいて、3機揃えたいよね!!!



-HGUC, レビュー, 機動戦士ガンダムUC, 素組み