HGUC レビュー 機動戦士Zガンダム 素組み

HGUC ジムII レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 素組み >
  4. HGUC >
  5. 機動戦士Zガンダム >

HGUC ジムII レビュー

新着アイテム  

icon icon
↑10月5日 12時より予約開始!レギオン版!

icon icon
↑10月5日 12時より予約開始!ゲームのやつ!

icon
↑10月4日 12時より予約開始!バイファムです!
icon

icon icon
↑10月3日 16時より予約開始!インコム装備型!

icon icon
↑9月30日 16時より予約開始!アルトロンガンダム登場!

icon icon
↑9月28日 18時より抽選開始!ナラティブ版!






HGUC ジムII レビュー

ジムII

機体説明

ジムIIは、『機動戦士ガンダム Zガンダム』に登場する機体だ!

地球連邦軍で宇宙世紀0080年代に開発されたジムの後継機。ジムを元に各種マイナーバージョンアップを行っており、コクピットには全天周囲モニターとリニアシートを採用。グリプス戦役が始まって時点で性能不足とはなっているが、総合性能ではRX78 ガンダムを上回っている。搭乗者は、地球連邦軍兵。

2011年10月、地球連邦軍で使用されたカラーでHGに登場!価格 1,540円(税込)

本体(ジムII)

ジムII

まずはジムIIの正面より。以前再生産されたとき購入したもの。量産機らしく、装甲ラインも非常に簡素でこれぞ量産機って感じ。10年以上前に発売されたキットだけど、フォルムは今見ても古さを感じない。

ジムII

ジムII

頭部のアップ画像。メインカメラはクリアパーツで再現されており、さらにメインカメラ内部の造形も再現されている(塗装すると見栄えがよさそう)。頭部センサーはシールで再現する。

ジムII

腕は水平まで上げれるけど、最近のキットと比べると劣るかな。でも10年前のキットと考えると及第点だと思う。

ジムII

最近のキットにはある引き出し機構はないが、腕をクロスできる。

ジムII

サイドスカートの可動範囲が狭いので、開脚はここまで。

ジムII

フロントスカートの裏は裏打ちなどはない。また左右独立可動とはなっていない。

ジムII

足裏。肉抜きがない!

ジムII

ジムII

モールドも最低限しかないため、シンプルさが強調されていると思う。最近の機体は、量産機でも複雑なので、これぐらいシンプルなのが逆に新鮮!

ジムII

上半身の可動は、左右への回転のみ。ここは古さを感じる。

ジムII

逆に脚部の可動は優秀で、ほんとに10年間のキット?と思ってしまった。

ジムII

バックパックにはビーム・サーベルを1本装備。

ジムII

1年戦争後期のジム系機体に採用されていたスラスター4発のタイプ(可動はしません)。




付属品

ジムII

説明書。

ジムII

中開きには、機体や武装の説明あり。また関連するキットも記載されていて、現在はどれも普通に入手できないものばかりに・・・。

ジムII

裏側。

ジムII

ビーム・ライフル。ジムにはなかったフォアグリップが追加。持ち手は右手分のみ。

ジムII

フォアグリップは左手で持つことが可能。

ジムII

ビーム・サーベル。もち手に差し込むだけなので、下に向けるとすっぽ抜けます。

ジムII

ビーム・サーベルのエフェクトパーツ。少し短め。ビーム・サーベルは1本しかないが、なぜか2本分ある。

ジムII

シールド。手で持つことはできず、腕の接続部で装備するタイプ。

ジムII

武装をすべて装備した状態。この状態でも強くみえないのが量産機だ!

ジムII

ホイルシールではなく、マーキングシールとなっている。




アクションポーズ

ではアクションポーズを!!!

ジムII

ジムII

ジムII

ジムII

ジムII

ジムII




まとめ

ジムII

10年以上前のキットだけど、古さを感じないプロポーションで今でも通じると思う。さすがに可動は現在キットと比較すると見劣りする部分もあるけど、10年前のキットとしては十分!胸部のセンサーはクリアパーツではなくシールで再現などシールで補足する部分は多いけど、頭部メインカメラの内部構造が再現されているなど、細かい部分でおっ!と思う部分が多いキットでもある!



-HGUC, レビュー, 機動戦士Zガンダム, 素組み