HGUC レビュー 機動戦士ガンダムUC 素組み

HGUC ネモ(ユニコーンデザートカラーver.)

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 素組み >
  4. HGUC >
  5. 機動戦士ガンダムUC >

HGUC ネモ(ユニコーンデザートカラーver.)

新着アイテム  

icon icon
↑5月17日 12時より予約開始!GBD外伝の機体です!

icon icon
↑5月13日 16時より予約開始!テレビ版の方!

icon icon
↑5月13日 12時より3次予約開始!再販が早い!

icon icon
↑5月13日 12時より再販2次予約開始!

icon icon
↑5月12日 10時より予約開始!エマさんです!

icon icon
↑4月28日 16時より予約開始!フルドド2機つき!

一覧はこちらへ






HGUC ネモユニコーンデザートカラーVer.) レビュー。

機体説明

ネモ(ユニコーンデザートカラーVer.)は、『機動戦士ガンダム UC』に登場する機体だ!

グリプス戦役時(宇宙世紀0087年)にエゥーゴで開発された主力機である。既に10年以上経過しており、相対的に性能低下している。ネモ(ユニコーンデザートカラーVer.)は、トリントン配備されていた機体である。搭乗者は地球連邦軍兵士。

2012年4月、HGUCでUC-トリトン基地版のネモが登場!!!価格 1,650円(税込)

本体(未武装)

ネモ

まずはネモ(ユニコーンVer.)の正面より(シール未貼)。量産機らしいシンプルな造形となっている。

ネモ

ネモ

頭部アップ。頭部バルカンの造形は少し甘いですが、しっかりと銃口の穴が空いている。カラーリングもあり、側面のグレー部分が非常に目立つ。

ネモ

頭部の前後可動。なかなかアゴを引くことができるぞ!

ネモ

頭部の回転。問題なく360度の回せる。

ネモ

ネモ

腕は90度以上あげれるし。可動範囲としてはかなり優秀!

ネモ

また腕の引出し機構もあり。

ネモ

足裏。シンプルだけど、肉抜きはない。

ネモ

ネモ

ネモ

肩アーマにスラスターは別パーツ化されておらず、モナカ割りにもなっているので見栄えが悪い部分となる。

ネモ

上半身の前後可動。少しのみだが、可動あり。

ネモ

あるとうれしい上半身の左可動。

ネモ

上半身の回転。

ネモ

脚部の可動範囲。前、後ろともに可動範囲が広い。

ネモ

ネモ

ネモの特徴である大型バーニア2つも、別パーツでしっかりと再現しているぞ!

ネモ

特長である脚部スラスター。スラスター部分が別パーツ化されているのはうれしい!!!




付属品

ネモ

説明書の表紙。

ネモ

中開きには、『機動戦士ガンダム UC』に登場機体の紹介。いまや普通に手に入れることができないキットばっかり・・・。

ネモ

説明書の裏側。

ネモ

交換用手首は、3種あり。左右に平手があるのは、めちゃうれしい!!!

ネモ

ジム・ライフル。トリントン基地で使用していたかな。

ネモ

ビーム・ライフル。ジムIIと同様のもの。

ネモ

ビーム・サーベル。2本あり。

ネモ

ビーム・サーベルのエフェクトパーツ。少し短めかな。

ネモ

シールド。『機動戦士ガンダム UC』時代では複合兵装がスタンダードだけど、武装もないシンプルはシールド。

ネモ

ホイルシール。ホイルシールで補う部分が多くなっている。

ネモ

マーキングシール。すいません、何回撮影してもぼやけてしまいました。




本体(武装状態)

ネモ

武装(ジム・ライフル)を装備したネモユニコーンデザートカラーVer.) 。銃の持ち手は左手しかないので、同時にビーム・ライフルを持たせることができない。

ネモ

ネモ

腰部には、ビーム・サーベルを2本格納している。




アクションポーズ

ではアクションポーズを!!!

ネモ

ネモ

ネモ

ネモ

ネモ

ネモ




まとめ

ネモ

通常のネモは持っていないけど、再販売で手にいれることができたネモ(ユニコーンデザートカラーVer.)。10年以上前のキットだけど可動もよく、武装もしっかりある。さらにハンドパーツが豊富なところが地味にうれしい!!!

まさかネモすら貴重なキットになる時代になるとは思わなかった!



-HGUC, レビュー, 機動戦士ガンダムUC, 素組み