METAL ROBOT魂

METAL ROBOT魂 ランスロット・アルビオン レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL ROBOT魂 >

METAL ROBOT魂 ランスロット・アルビオン レビュー

新着アイテム  

icon icon

iconicon

icon icon

icon icon

icon

一覧はこちらへ





METAL ROBOT魂 ランスロット・アルビオン レビュー。

ランスロット・アルビオン

機体説明

ランスロット・アルビオンは、『コードギアス 反逆のルルーシュR2』に登場。ランスロットの後継機として開発された第九世代KMF。搭乗者枢木スザクの専用機となっており、最大の特徴は新開発されたエナジー・ウィングである。

エナジー・ウィングにより高速戦闘を可能とし、刃のようなエネルギー弾を放射できるほか防御にも使用できる。神聖ブリタニア帝国第99代皇帝ルルーシュの騎士「ナイトオブゼロ」の威光を示す機体となった。

2018年5月、帝国最強の剣となるランスロット・アルビオンが登場。

本体(未武装)

ランスロット・アルビオン

まずは正面より。すべての部分ではないが、金色の部分にはゴールドメッキが使用されされているぞ。白の部分は、パール塗装で非常にキレイである。

ランスロット・アルビオン

頭部の可動はかなりよく、左右に可動する。

ランスロット・アルビオン

肩アーマーが干渉するため、腕を上げれる角度に制限がある。

ランスロット・アルビオン

足首にも可動軸があり、難なく座ることが可能だ!!!

ランスロット・アルビオン

ランスロット・アルビオン

脚部にはKMFの特徴であるランドスピナーを装備。当然タイヤは回転する。

ランスロット・アルビオン

ランスロット・アルビオン

ランドスピナーは360度回転可能で、地上での高速移動状態も再現が可能。

ランスロット・アルビオン

KMFは背部にコクピットが存在するため、非常にシンプルなデザインとなっている。

ランスロット・アルビオン

コクピットは展開可能となっており、開くとコクピットシートが連動して出てくる仕様となっている。



付属品

ランスロット・アルビオン

左より、スーパーヴァリス×2、MVS(メーザーバイブレーションソード)×2、MVS収納状態×2、鞘×2、ウイング(収納状態)×2、交換用手首の計4種(銃の持ち手、平手、MVS持ち手2種)、スラッシュ・ハーケン×4

ランスロット・アルビオン

MVS(メーザーバイブレーションソード)は、刀身が赤のメタリック塗装となっており、非常にキレイである。

ランスロット・アルビオン

スーパーヴァリスは3段階の展開状態があり、こちらは収納状態。

ランスロット・アルビオン

上下の砲身を展開したハドロン・モード。

ランスロット・アルビオン

上下の砲身を伸ばしたフルバースト・モード。

ランスロット・アルビオン

エナジー・ウイング、ブレイズ・ルミナス(シールド)。光を当てると非常にキレイに発光するぞ。



本体(武装状態)

ランスロット・アルビオン

すべてを武装した状態。

ランスロット・アルビオン

ランスロット・アルビオン

コクピットの側面には、左右にMVSを装備。MVS後ろにウイングの収納状態も再現されている。スーパーヴァリスは、腰部に装備が可能だ。

ランスロット・アルビオン

腕部上部には、ブレイズ・ルミナスを再現するための接続部がある。

ランスロット・アルビオン

ブレイズ・ルミナスを装備した状態。腕が透けてみるのが非常にかっこいいぞ!!!

ランスロット・アルビオン

スラッシュ・ハーケンはパーツ差替で再現しており、腕の先端、側面腰部のカバーを外す必要がある。

ランスロット・アルビオン

スラッシュ・ハーケンに差し替えた状態。ワイヤーのため、好きな軌道を設定することが可能だ。

ランスロット・アルビオン

エナジー・ウィングを展開した状態がこちらだ。エナジー・ウィングが非常に大きく迫力がある。

ランスロット・アルビオン

エナジー・ウィング自体に可動軸があるため、非常に豊かな表情を取ることができる。



アクションポーズ

では「枢木スザク」名言とともにアクションポーズを!!!

ランスロット・アルビオン

「俺とルルーシュにはやらねばならないことがある。」(枢木スザク)

ランスロット・アルビオン

「人は、世界は、こんなにも思い通りにならない。」(枢木スザク)

ランスロット・アルビオン

「自分はただ、明日を望んでいるだけだ!」(枢木スザク)

ランスロット・アルビオン

「例えどんなに機体性能を強化しようとも、君では僕に勝てない!」(枢木スザク)

ランスロット・アルビオン

「終わりにしよう、カレン!」(枢木スザク)

ランスロット・アルビオン

「そのギアス、確かに受け取った。」(枢木スザク)

まとめ

METARUROBOT魂のため、フレームにダイキャストが使用されておりアクションポーズがしっかり決まるのは流石である。塗装も問題でなく、白のパール塗装部分は非常にきれいだ。

エナジー・ウィングの出来が良かったものいい点である。ただ手の交換が非常に難しく、個体差もあるのかノアの個体は、手の交換時に腕装甲(金色部分があるところ)が外れるので、押さえながら交換しなければいけなかった。

蜃気楼の発売(2020年2月)は決まっているが、ぜひガウェインの商品化(ROBOT魂では商品化されている)も期待したい。





-METAL ROBOT魂
-

© 2021 ノアのガンプラライフ