METAL ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

METAL ROBOT魂 (Ka signature) Zガンダム 3号機 レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL ROBOT魂 >

METAL ROBOT魂 (Ka signature) Zガンダム 3号機 レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. おもちゃ_2column
  2. Toys - AmazonGlobal free shipping
  3. おもちゃ_2column
  4. Toys - AmazonGlobal free shipping
  5. Toys - AmazonGlobal free shipping
  6. おもちゃ_2column
  7. おもちゃ_2column
  8. Toys - AmazonGlobal free shipping
  9. Toys - AmazonGlobal free shipping
    発売日 : 2021年10月23日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥3,400
    新品最安値 :
    ¥3,300
  10. 人・動物
  11. Toys - AmazonGlobal free shipping
  12. Toys - AmazonGlobal free shipping
  13. おもちゃ_2column
  14. おもちゃ_2column
  15. おもちゃ_2column
  16. Toys - AmazonGlobal free shipping
  17. Toys - AmazonGlobal free shipping
  18. Toys - AmazonGlobal free shipping
  19. おもちゃ_2column
    発売日 : 1970年01月01日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥2,200
    新品最安値 :
    ¥1,430
  20. Toys - AmazonGlobal free shipping

新着アイテム  

icon icon
12月8日16時より予約開始!BD2号機登場!

icon icon
12月8日16時より予約開始!BD3号機登場!

icon icon
11月17日10時より予約開始!アルビオン登場!

icon icon
11月17日12時より予約開始!GNアームズTYPE-D!






METAL ROBOT魂 (Ka signature) Zガンダム 3号機 レビュー 

Zガンダム 3号機

機体説明

Zガンダム 3号機 は、『ガンダム新体験 ‐0087‐ グリーンダイバーズ』に登場する機体!

アナハイム・エレクトロニクス社が開発した可変MS「Zガンダム」の3号機で、カミーユ・ビダンが搭乗したZガンダムと同型である。地球で活動する組織「カラバ」に提供されており、コード・ネーム「ホワイト・ユニコーン」と呼ばれるパイロットが搭乗した。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

先に一般発売されたMETAL ROBOT魂 (Ka signature)Ζガンダムのカラバリ。機体自体はまったく同様ですが、3号機の固有カラーであるバイオレットとホワイトのカラーリングとなっています。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

頭部のアップ。頭部マスク部分がグレーに塗装されているのが特長。

Zガンダム 3号機

肩のマーキングが大きく変更されており、エゥーゴマークではなくパイロット「ホワイト・ユニコーン」のパーソナルとカラバのマーキングと変更されています。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

METAL ROBOT魂 (Ka signature)Ζガンダムと同様に不格好な腕の接続穴。ここはなんとかならなかったのかと思う。

Zガンダム 3号機

両前腕部に2連装グレネード・ランチャーを装備。カバーを開くためには、ピンセットなどを使用しないと難しい。

Zガンダム 3号機

腰部左右のサイドアーマーにはビーム・サーベルを格納。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

背部のロングテール・スタビライザーは「A」をデザイン化した折れ線パターンとなっている。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

ダイキャストは関節部に使用され、一部は見ることができました。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

脚部にあるバーニアはシルバーで塗装。バーニア内部もしっかりと塗分けされていました。

足裏。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

では可動範囲を確認していきます!

変形機構があるため、腕や脚部の可動範囲はあまり広くありません。仕方ないことですが、腕の引出し機構がないので、少しアクションがしづらい印象がありました。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

変形機構がありますが、上半身がちゃんと可動できるようになっていました。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

METAL ROBOT魂 (Ka signature)Ζガンダムと比較。造形はまったく一緒ですが、カラーリングやマーキングが大きく異なっているので印象がかなり違う。




付属品

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

附属品一覧。METAL ROBOT魂 (Ka signature)Ζガンダムとまったく同じ内容となっています。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

ビーム・サーベルの刃エフェクトは、通常出力と出力増加時の2つが付属。ビーム・サーベルの持ち手がゆるくて、ビーム・サーベルがすぐ抜けてしまうので注意。

Zガンダム 3号機

上がZガンダム3号機、下がZガンダムのもの。カラーリングが異なるだけで同じものです。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

ビーム・ライフルの銃身には伸縮ギミックあり。またEパックは取外しが可能となっている。

Zガンダム 3号機

説明書に記載はないけど、銃身にビーム・サーベルの刃エフェクトを装着できます。

Zガンダム 3号機

ビーム・サーベルは、腕部に装着できる。でも接続がゆるくて外れやすい。

Zガンダム 3号機

ハイパー・メガランチャー。Ka signatureオリジナルのカラーデザインとのこと。銃身に伸縮機構がある。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

ハイパー・メガランチャーも腕部に装着できる。これで戦闘ができるかは疑問だけど・・・。

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

ハイパー・メガランチャーは接続アームを背部及びリアスカートに装着すると安定して手で保持することができました。ただリアスカートへの取り付けが非常に難しく、しかも保持力が弱いので、背部に接続アームを付ける方がよいです。

Zガンダム 3号機

ハイパー・メガランチャーの両側面にグリップがあるので、左右どちらでも持てることができます。

Zガンダム 3号機

左がZガンダム3号機、右(短くした状態のままでした)がZガンダムのシールド。造形は同じですが、マーキングが大きく変更となっており、Zガンダム3号機のものは、エゥーゴのマーキングが無くなっています。

Zガンダム 3号機

台座。Zガンダム3号機の型式番号が記載。




ウェイブライダー形態

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

ウェイブライダー形態へ変形。ほぼ差替えなし変形でき、差し換え部分はシールドとビーム・ライフルの部分となります。

Zガンダム 3号機

こちらはハイパー・メガランチャーを装備した状態。ハイパー・メガランチャーを付けると台座へ接続するジョイントが使用できないのがネックですが、ランディングギアを装着して、飾ることができるよ。




アクションポーズ

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機

Zガンダム 3号機




まとめ

Zガンダム 3号機

以上、METAL ROBOT魂 (Ka signature) Zガンダム 3号機のレビューでした。

造形や変形機構およびギミックは先に発売されたZガンダムを同じなので変わりはありません。3号機特有のバイオレットとホワイトのカラーリングおよびマーキングが非常にキレイで仕上がっていました。METAL ROBOT魂 (Ka signature) は、次にプロトタイプZZガンダムが発売(プレバンですが)されるので楽しみです。



-METAL ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ