METAL ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

METAL ROBOT魂 ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)&オプションパーツセット レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL ROBOT魂 >

METAL ROBOT魂 ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)&オプションパーツセット レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  2. 勇者王ガオガイガー
  3. おもちゃ ストア
  4. おもちゃ ストア
  5. おもちゃ ストア
  6. おもちゃ ストア
  7. 機動戦士ガンダム
  8. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  9. おもちゃ ストア
  10. おもちゃ ストア
  11. おもちゃ ストア
  12. おもちゃ ストア
  13. おもちゃ ストア
  14. おもちゃ ストア
  15. おもちゃ ストア
  16. 超時空要塞マクロス
  17. おもちゃ ストア
  18. おもちゃ ストア
  19. おもちゃ ストア
  20. おもちゃ ストア

新着アイテム  

icon icon
5月20日12時よりガムリン木崎機が予約開始!

icon icon
5月17日16時よりデュナメスサーガが予約開始!

icon icon
5月10日16時よりZプラスA1/A2が予約開始!

icon icon
4月26日18時よりSpecIIが予約開始!






METAL ROBOT魂 ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)&オプションパーツセット レビュー

今回はご紹介するのは、小説『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』より

METAL ROBOT魂「ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)」!

ライトグレーのヘイズル改は3年前の2021年にプレバンで登場しており、今回はティターンカラーとなった再登場しました。以前発売されたものと付属品はまったく同じでカラーが異なるのみです(価格は上がっている・・・)。Gパーツ[フルドド]も同時発売でしたが、ライトグレー版を持っているので購入は見送りしています。

では、ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)を紹介していきます!

ガンダムTR-1[ヘイズル改](実戦配備カラー)

・全身造形

ライトグレー版のヘイズル改を、ティターンズカラーにしたリデコ品となります。ダーク系のカラーになったため、印象がかなり変わったものに。

各部の黄色パーツ部分がより際立った配色へ。ジム・クゥエルがベース機ですが、頭部はガンダムヘッド、脚部は前にもスラスターがあるものとなっているが特徴。

・頭部造形

ガンダムヘッドになっていますが、頭部バルカンは装備されてません。

頭部全周に渡ってセンサーが設置されており、メタリック塗装で再現されています。

・頭部可動

可動は少し固めでしたが、頭部はしっかりアゴを引くことができます。

・上半身造形

ダクトやコクピット周辺の細かい造形は、塗装でしっかり再現しておりクオリティは高い。

・上半身可動

上半身の可動範囲は控えめ。上半身を回転させると股間部に接触するため、これ以上動かすことはできませんでした。




・腕部造形

腕部はベース機のジム・クゥエルのまま。シールドを装着するための凹が両腕にあります。

両肩にティターンズ・テスト・チームのマーキングがあります。

デフォルトのハンドパーツは握り拳。ちゃんと指先は赤く塗装済。

・腕部可動

3年前に発売されたアイテムのカラバリですが、90度以上腕が上がるし、引き出し機構もあり十分な可動範囲が確保されています。

・脚部造形

サイドスカートには、Eパックを装備。もちろん取り外しが可能です。

脚部前後にあるスラスターは内部まで塗分けされてました。

足裏には、バーニアあり。

・脚部可動

脚部が大型化していることもあり、可動範囲は少し狭い。関節部はダイキャストになっており、しっかりした保持力がありました。(経年劣化による保持力低下もある程度ましのはず・・・)

・背部造形

バックパックと接続されている可動式ブースターポッドは、前後に可動。

バックパックのバーニアは、内部が黄色で塗装済となっています。

リアスカートにはティターンズ・テスト・チームのマーキングがあり、かなり目立つかと。

次のページへ >



-METAL ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ