METAL ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

METAL ROBOT魂 ガンダムTR-1[ヘイズル改]&オプションパーツセット レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL ROBOT魂 >

METAL ROBOT魂 ガンダムTR-1[ヘイズル改]&オプションパーツセット レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. 人・動物
  2. 人・動物
  3. ロボット
  4. ロボット
  5. ロボット
  6. 人・動物
  7. ロボット
  8. ロボット
  9. ロボット
  10. ロボット
  11. 人・動物
  12. 人・動物
  13. 人・動物
  14. ロボット
  15. ロボット
  16. 人・動物
  17. 人・動物
  18. 人・動物
  19. ロボット
  20. 人・動物
    発売日 : 1970年01月01日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥1,320
    新品最安値 :
    ¥1,188

新着アイテム  

icon icon
↑2月1日 12時より予約開始!デスサイズヘル!

icon icon
↑1月27日 16時より予約開始!オルタナ版!

icon icon
↑1月20日 12時より予約開始!エグバ機!

icon icon
↑1月19日 12時より予約開始!初キット化!

icon icon
↑1月16日 12時より予約開始!陸戦仕様シスター!






METAL ROBOT魂 ガンダムTR-1[ヘイズル改]&オプションパーツセット レビュー。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

機体説明

ガンダムTR-1[ヘイズル改]は、『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場する機体だ!

損傷したガンダムTR-1[ヘイズル]を強化した機体がガンダムTR-1[ヘイズル改]である。ティターンズが開発した実験機であり、強化した際に全天周モニターやリニアシートが導入されている。最大の特徴はシールド・ブースターで、3枚装着して高機動形態とすることが可能である。搭乗者は、ウェス・マーフィー。

2022年3月、METAL ROBOT魂よりガンダムTR-1[ヘイズル改]が登場!!!価格 14,850円(税込)

本体(未武装)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

まずはガンダムTR-1[ヘイズル改]の正面より(箱から出した状態)。ジム・クゥエルをベースに開発された機体だが、特に脚部が大幅に変わっているのが特徴!

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

頭部のアップ。ガンダムヘッドになっており、頭頂部のセンサーは塗装で再現している。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

頭部の前後可動。バックパックの可動式ブースターポッドの影響で後ろへの可動が無い。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

胸部にある多目的ランチャーの影響もあり、頭部の可動には制限がある。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

腕の稼働は良好で、90度以上あげることが可能。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

腕は前に引き出すことができる。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

指先の赤色もしっかりと再現しているぞ!これはうれしい。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

サイドスカートを取り外せば、もっと開脚できると思う。これ以上すると接触するので塗装剥げに注意!

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

足裏にバーニアあり。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

横から見ると脚部の大きさがよくわかる。前にもスラスターが存在する珍しい構成。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

上半身の前後可動。前への可動はなく、後ろへの可動のみ。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

上半身の回転。これ以上回転させると接触するので、やめておこう。構造的には360度まわせると思う(塗装が剥げるけど・・・)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

サイドスカートにあるEパックは取り外し可能。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

接地面が広いため、安定して片足立ちができる。リアスカートに可動が無いため。後ろへの可動範囲は狭い。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

バーニアの内部は、黄色で塗装済。リアスカートにあるティターンズ・テスト・チームのマーキングがしっかりされているのがグッド!

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

可動式ブースターポッドは、上下に可動あり。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

脚部後ろにあるスラスターの黄色の発色が非常にキレイ。




付属品

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

付属品一覧。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

交換用手首の計3種(平手1種、持ち手2種)。もちろん全て指先が赤色となっている。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ビーム・ライフル。Eパック方式を採用しているが、Eパックの取り外しは不可。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ビーム・サーベル。3本あり。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ビーム・サーベルのエフェクトパーツ。少し短め。根本はグラデーション塗装が行われている。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

サブ・アーム・ユニット。展開することによって、ビーム・サーベルの保持が可能。設定ではビーム・ライフルも保持できるんだけど、できるかな(すいません、未確認)。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

シールド。ジム・クゥエルと同様のもの。マーキングによって全然違う印象となっている。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

シールド・ブースター。3つ付いており、塗装&マーキング共に非常に品質がよい!!!

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ブースターという名前のとおり、スラスターが付いてるのが特徴。




本体(武装状態)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

まずは通常状態でのガンダムTR-1[ヘイズル改]。この時点で既にめちゃカッコいい!

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

シールド・ブースターは、水平の位置まで可動できる。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

またシールド・ブースターは専用ジョイントパーツで腕にも装着できる。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

通常状態でガンダムmk-II(ROBOT魂(Ka signature))と比較。違うシリーズのためか、ガンダムmk-IIの方が小さい。設定では大きいはずだけど・・・。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

腕部については、非常に似た形状となっている。ベース機のジム・クゥエルのどちらで比較しようか迷った。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

シールド・ブースター3つ及びサブ・アーム・ユニットを装着した高機動形態。ギャプランに似た姿となっており、実際シールド・ブースターを元にギャプランが開発されている。

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

サブ・アーム・ユニットを展開して、ビーム・サーベルを持つことが可能。保持力が弱いのが欠点となる。




アクションポーズ

ではウェス・マーフィーの名言とともにアクションポーズを!!!

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

「地球連邦軍ティターンズ・テスト小隊、ウェス・マーフィー大尉。そちらは?」(ウェス・マーフィー)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

「それが、ガンダムだ!」(ウェス・マーフィー)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

「思い込みだけでは死ぬだけだ」(ウェス・マーフィー)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

「奴らの狙いはヘイズルだ!」(ウェス・マーフィー)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

「戦争の鉄則だ!覚えておけ!」(ウェス・マーフィー)

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

「お前たちは命の恩人だ!死ぬまで忘れんぞ!!!」(ウェス・マーフィー)




まとめ

ガンダムTR-1[ヘイズル改]

METAL ROBOT魂で登場したガンダムTR-1[ヘイズル改]ですが、めちゃくちゃいい出来です!!!通常状態のままでもいいですが、シールド・ブースターを3つ装備した高機動形態になることもでき、2形態を楽しめる。また塗装やマーキングの品質もよく、めちゃ力が入っているアイテムですよ!

バリエーション展開は決定事項かもしれないけど、HGでキット化されていないイカロスユニットなどのオプションパーツも展開してほしい!



-METAL ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ