HG レビュー 水星の魔女 素組み

HG ガンダムエアリアル(改修型) レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  2. 勇者王ガオガイガー
  3. おもちゃ ストア
  4. おもちゃ ストア
  5. おもちゃ ストア
  6. おもちゃ ストア
  7. 機動戦士ガンダム
  8. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  9. おもちゃ ストア
  10. おもちゃ ストア
  11. おもちゃ ストア
  12. おもちゃ ストア
  13. おもちゃ ストア
  14. おもちゃ ストア
  15. おもちゃ ストア
  16. 超時空要塞マクロス
  17. おもちゃ ストア
  18. おもちゃ ストア
  19. おもちゃ ストア
  20. おもちゃ ストア

新着アイテム  

icon icon
5月20日12時よりガムリン木崎機が予約開始!

icon icon
5月17日16時よりデュナメスサーガが予約開始!

icon icon
5月10日16時よりZプラスA1/A2が予約開始!

icon icon
4月26日18時よりSpecIIが予約開始!






HG ガンダムエアリアル(改修型)   レビュー 

ガンダムエアリアル(改修型)

機体説明

ガンダムエアリアル(改修型) は、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する機体!

グラスレ―寮との決闘で受けたダメージの修繕も兼ねて改修された機体。外部装甲や装備類の刷新・追加など、依然の素地を活かした上で大幅な改修が行われた。

搭乗者は、スレッタ・マーキュリー

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

まずはガンダムエアリアル(改修型) の正面より。1期最終話に登場した機体。エアリアルから大規模改修した機体のため、装甲の形状が変わっています。

ガンダムエアリアル(改修型)

背部には専用のフライトユニットを最初から装備(エアリアルではオプション装備だった)。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

フライトユニットの上部スラスターは上下左右、下部スラスターは上下に稼働します。

ガンダムエアリアル(改修型)

また上部スラスターにはウイングが格納されており、展開が可能。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

頭部アップ。左側が改修型で、ブレードアンテナが大型化および本数が増えています。大型化の影響で頭部バルカンが使用できないような気がする・・・。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

シェルユニットは、インモールド成形のパーツを使用。ホイルシールでも再現できますが、断然こちらの方が見栄えがよいです。

ガンダムエアリアル(改修型)

左側が改修型の腕。丸みがあった装甲が、角ばった装甲になり厚みも変更されています。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

左側側が改修型の足。装甲の形状が大きく変更されていることがわかります。

ガンダムエアリアル(改修型)

足裏。側面に肉抜きあり。

ガンダムエアリアル(改修型)

各所の可動を見ていきます!
頭部は可動範囲が広がっています。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

エアリアルと比較すると、肩アーマー形状変更により腕の可動範囲が若干狭くなっています。脚部は変わらず良好な可動範囲です。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

上半身もスムーズに可動します。




付属品

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

説明書。少ないですが、機体や武装の説明あり。

ガンダムエアリアル(改修型)

ホイルシール。主にシェルユニットやガンビットに使用。

ガンダムエアリアル(改修型)

ビーム・ライフル。センサー部はシールで再現。エアリアルと比較し大型になっており、ガンビットとの連携を重視した設計に。

ガンダムエアリアル(改修型)

こちらがロングレンジモード。銃身や手持ち部分の展開は差し替えで再現しています。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

全てのガンビットを装備したガンビットライフルへ。両手で保持するため、支え無しでも保持が可能。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ビーム・サーベルは、クリアブルーの平たいタイプものが2本付属。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

左側が改修型のエスカッシャン。エアリアルと同様にシールド基部に取り付けていくタイプです。

ガンダムエアリアル(改修型)

ウェポンディスプレイがあれば、ガンビットを展開できます。ただしウェポンディスプレイが必要。

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

全身にガンビットを装着したビットオンフォームへ。肩、腕、足、腰、フライトユニット下部にビットを装着できます。

 




アクションポーズ

ではアクションポーズを!!!

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)

ガンダムエアリアル(改修型)




まとめ

ガンダムエアリアル(改修型)

第一期最終話に登場して衝撃的な最後だった機体。バックパックが大きく変わっており、ガンビットの使用用途が大きく変わっているのが特徴。ビーム・ライフルは3段階モードがあり、ガンビットを使用した遊びの幅が増えています。今後の劇中でどのように活躍するか楽しみです。

シン・セー開発公社のモビルスーツはこちら↓↓↓

ペイル社製のモビルスーツはこちら↓↓↓

ジェダーク社製のモビルスーツはこちら↓↓↓

rker-s">グラスレー社のモビルスーツはこちら↓↓↓

 



-HG, レビュー, 水星の魔女, 素組み