HG AGE レビュー 素組み

HG Gバウンサー レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 素組み >
  4. HG AGE >

HG Gバウンサー レビュー

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






HG Gバウンサー レビュー。

Gバウンサー

機体説明

Gバウンサーは、『機動戦士ガンダムAGE(エイジ)』第二部に登場する機体だ!AGE-1 スパローウェアをベースに開発されており、機動性を重視した機体となっている。背中には大型テールバインダーがあり、スラスターも兼ねている。特徴的な武装として、シールド先端に装備可能なシグルブレイドがある。搭乗者はウルフ・エニアクル。

2012年2月発売、1650円(税込)。

本体(未武装)

Gバウンサー

まずはGバウンサーの正面より(シール未貼)。Gエグゼスと同様でほぼ白一色のカラーリング。胸部のダクトはグレーなのだが、シールでの再現となる。

Gバウンサー

頭部のアップ。Gエグゼスと同様にメインカメラは、水色のパーツとなっている。

Gバウンサー

頭部の上下可動。

Gバウンサー

頭部の左右可動。360度回すことができる。

Gバウンサー

Gバウンサー

腕の可動範囲も広く、90度以上あげることが可能。腕の袖にシールドを装備するための接続穴あり。

Gバウンサー

開脚の範囲はかなり広くなっている。

Gバウンサー

Gバウンサー

フロントスカート、足裏には肉抜きあり。

Gバウンサー

Gバウンサー

Gエグゼスと比べて、かなりスマートな体形となっている。

Gバウンサー

サイドスカートにはビーム・サーベルが格納されており、取り外し可能だ!

Gバウンサー

脚部の前後可動。

Gバウンサー

大型テールバインダーをつけていない状態。




付属品

Gバウンサー

説明書。

Gバウンサー

中開きには、武装や今までウルフ・エニアクルが搭乗してきた機体の解説があるぞ!

Gバウンサー

ハンドパーツ。握り拳の1種類(左手分のみ)。

Gバウンサー

Gバウンサー

Gバウンサー

大型テールバインダー兼スラスターのバックパック。

Gバウンサー

大型テールバインダーの可動範囲は広く、360度回転させることが可能。(機体に装着しているとできないけど・・・)

Gバウンサー

Gバウンサー

またスラスターカバーを開閉することにより、スラスター展開状態を再現できる形となっている。

Gバウンサー

ドッズ・ライフル。センサー部派はシールで補う形となる。

Gバウンサー

ビーム・サーベルのエフェクトパーツ。2本分あり。

Gバウンサー

シールド。持ち手はなく、腕に直接装備するタイプ。

Gバウンサー

シグルブレイドをシールドに装着した状態。

Gバウンサー

シグルブレイドを手で持つことも可能となっているぞ!

Gバウンサー

ホイルシール。




本体(武装状態)

Gバウンサー

Gバウンサー

Gバウンサー

すべての武装を装備したGバウンサー。シール貼っていない状態でも非常にかっこいい!!!

Gバウンサー

Gバウンサー

Gバウンサー

Gエグゼスとの比較。技術の進歩もあり、非常に洗練された機体となっている。こういう時代の流れが目に見える形なのも、AGEシリーズの魅力だよね。




アクションポーズ

では「ウルフ・エニアクル」のセリフと共にアクションポーズを!!!

Gバウンサー

「全員生きて帰って来い!」(ウルフ・エニアクル)

Gバウンサー

「これが俺様の『技量』って奴だ」(ウルフ・エニアクル)

Gバウンサー

「言ったろ、ここが強いやつが最後に勝つんだ!」(ウルフ・エニアクル)

Gバウンサー

「たとえ優れた能力を持っていたとしても、心が弱くて腐ってたんじゃ意味がない」(ウルフ・エニアクル)

Gバウンサー

「アセム、スーパーパイロットになれ」(ウルフ・エニアクル)

Gバウンサー

「だれよりも、この俺よりもすげえ、宇宙一のパイロットにな」(ウルフ・エニアクル)




まとめ

第二部のウルフ専用機で、Gエグゼスと同様にシンプルな機体ながらスタイリッシュなフォルムで非常にかっこいい機体に仕上がっている!10年前近くに発売されたキットとは思えず、今でも十分通用するぞ。



-HG AGE, レビュー, 素組み