レビュー 完成品トイ 超合金

DX超合金 初回限定版 VF-1J バルキリー(一条輝機)レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. 超合金 >

DX超合金 初回限定版 VF-1J バルキリー(一条輝機)レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. 人・動物
  2. 人・動物
  3. ロボット
  4. ロボット
  5. ロボット
  6. 人・動物
  7. ロボット
  8. ロボット
  9. ロボット
  10. ロボット
  11. 人・動物
  12. 人・動物
  13. 人・動物
  14. ロボット
  15. ロボット
  16. 人・動物
  17. 人・動物
  18. 人・動物
  19. ロボット
  20. 人・動物
    発売日 : 1970年01月01日
    Powered by AmaGetti
    価格 : ¥1,320
    新品最安値 :
    ¥1,188

新着アイテム  

icon icon
↑2月1日 12時より予約開始!デスサイズヘル!

icon icon
↑1月27日 16時より予約開始!オルタナ版!

icon icon
↑1月20日 12時より予約開始!エグバ機!

icon icon
↑1月19日 12時より予約開始!初キット化!

icon icon
↑1月16日 12時より予約開始!陸戦仕様シスター!






DX超合金 初回限定版 VF-1J バルキリー(一条輝機)レビュー。

VF-1J

機体説明

VF-1Jは、『超時空要塞マクロス』に登場する機体だ!地球統合軍で開発された機体であり、ゼントラーディ軍との第一次星間大戦の主力可変戦闘機である。最大の特徴は、ファイター、ガウォーク、バトロイドの3形態への変形。ファイター時において最高速度はマッハ3.8だが、装甲の脆弱性が弱点となる。しかしバトロイド時は余剰出力を用いたエネルギー転換装甲となるため、弱点が解消される形となる。搭乗者は一条輝。

2018年12月発売と少し前だけど、アーマードパーツが発売されるので、これを機にレビューするぞ!

付属品

VF-1J

交換用ハンドパーツ。6種類あり。

VF-1J

一条輝のフィギュア。塗装済で細かいところまで塗分けされている。

VF-1J

ガンポッド。伸縮機構あり。

VF-1J

またガンポッドのベルトは着脱式となっている。

VF-1J

脚部エアインテークのカバー。

VF-1J

バトロイド時の可動域を広げるデティールアップのパーツ。

VF-1J

台座。

VF-1J

各形態を台座で飾るためのジョイントパーツ。

VF-1J

VF-1J

こちらが初回特典となるファイター時に使用する台座。角度を付けての展示が可能となるぞ!




ファイター形態

VF-1J

まずはファイターの正面より。白装甲部分は塗装ではなく、成型色となっている。

VF-1J

VF-1J

ノーズギアとランディングギアは機体底面に格納されており、差し替えなしで展開が可能。

VF-1J

ノーズギアはコクピットブロックに格納。

VF-1J

ランディングギアは脚部に格納されている。

VF-1J

VF-1J

コクピットは開閉可能。またコクピットシートは塗装されているため、見栄えがいいぞ!

VF-1J

エアブレーキも展開が可能となっている。

VF-1J

内部もしっかりと再現している。

VF-1J

VF-1J

主翼の可動範囲。

VF-1J

VF-1J

主翼にあるスポイラーも展開できるなど、なかなか細かいところまで作りこまれている印象。

VF-1J

手首は腕部に格納されているため(差し替えではない!)、ファイターのフォルムを崩していないぞ。ノアはファイター形態が一番好きだ!




ガウォーク形態

VF-1J

ガウォークの正面より。八の字立ちができる!!!

VF-1J

VF-1J

ファイターからガウォークの変形は、簡単で説明書を見ながらでも10分もあれば可能。

VF-1J

VF-1J

上半身をかなり前に倒しても自立は可能である。

VF-1J

腕部に格納されていた手は、指の関節が可動するタイプだ(14箇所可あり)

VF-1J

ガンポッドを持たせてみた。あまり保持力は強くない。




バトロイド形態

VF-1J

バトロイドの正面より。めちゃくちゃでかい!!!

VF-1J

大型キットとなるMG ガンダムマークV(レビュー記事作成していないことに気づいた!)と比較。バトロイド時で27cmとなるぞ!!!

VF-1J

頭部の前後可動。前への可動はないが、後ろへの可動範囲が広い。

VF-1J

頭部の左右可動。360度回転できる。

VF-1J

腕の上下可動。90度近くまで上げることが可能。

VF-1J

360度、腕を回転することができる。ここは地味に驚いたところ。

VF-1J

腕を開くこともでき、腕の可動はかなり優秀。

VF-1J

肩アーマーを引き出して、さらに可動範囲を広げることもできる。

VF-1J

ガウォークからバトロイドへの変形は、人によっては苦戦するかも。ノアは結構苦戦した。(20分~30分かかったと思う)

VF-1J

頭部の11mmレーザー機銃2門は、左右独立して可動あり。

VF-1J

腕にガンポッドを装着できる。もちろん反対側も同様。

VF-1J

VF-1J

脚部の前後可動。特に後ろへの可動は、背中に足をつけれるまで曲げれる。

VF-1J

主翼は、折り畳んで背中に格納。装甲の代わりにもなっている。




アクションポーズ

では「一条輝」のセリフと共にアクションポーズを!!!

VF-1J

「いつまでも後ろとは限りませんよ、先輩!」(一条輝)

VF-1J

「乗りこみ成功。行きますか!」(一条輝)

VF-1J

「なんです、このおばさん。」(一条輝)

VF-1J

「サンキュー!」(一条輝)

VF-1J

「敵機が侵入してるんだ! 黙ってられるか!」(一条輝)

VF-1J

「やっば~!!」(一条輝)




まとめ

VF-1J

購入してからまったく触っておらず、今回初めてバトロイド形態まで変形してみた。身構えていたほど変形は難しくなく、説明書通りにやれば変形できる!ということが分かったのが大きい。また可動も非常によいため、動かして遊ぶのも楽しい(ファイター形態が一番好きだけど・・・)。現在はバトロイド形態のままにしており、アーマードパーツが届きしだい装着したい。



-レビュー, 完成品トイ, 超合金