ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

ROBOT魂 ジム改 宇宙戦仕様 ver. A.N.I.M.E. レビュー

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon iconicon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






ROBOT魂 ジム改 宇宙戦仕様 ver. A.N.I.M.E. レビュー。

ジム改

機体説明

ジム改は、『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場。一年戦争末期(U.C.0079)に開発が行われ、デラーズ・フリート紛争時(U.C.0083)は地球連邦軍の主力機。ジムからの最大の変更点はバックパックのバーニアが4基となったことである。

デラーズ・フリート紛争時は地球軌道艦隊に大量に配備されており、地球へ落下するコロニー「アイランド・イーズ」の落下阻止に奮闘した。搭乗者は地球連軍兵。

2020年11月、宇宙戦仕様のジム改がROBOT魂 ver. A.N.I.M.E.で登場。

本体(未武装)

ジム改

まずは宇宙戦仕様のジム改の正面より。トリントン基地仕様のジム改と比べるとカラーリングはジムと同様の赤と白のツートンカラーがベースとなっている。ジム系はこのカラーリングがしっくりくるね。

ジム改

頭部側面のダクトは黒で塗装されている。頭部はかなり上を向くことが可能だ。

ジム改

頭部は真横を向くことが可能。頭部のメインカメラ内部は再現されておらず、分割線が見えるのも変わらずだ。

ジム改

腕は90度以上上げることができ、広い可動域が特徴!!!

ジム改

もちろん開脚も問題なく可能である。

ジム改

足裏のバーニアもしっかりと再現している。

ジム改

ジム改

非常にジムらしいシンプルなフォルムが最高だ!!!

ジム改

肩アーマーのスラスターは、赤で塗装済み。

ジム改

足はここまで上げることができる。そこまで難しくなく、バランスを取れば片足立ちができるぞ!!!

ジム改

ジム改の最大の特徴である4基のバーニア。

ジム改

バーニア内部は赤で塗装されている。バーニアの可動は、ほんの少し動かせる程度・・・。

ジム改

上半身は360度回転が可能。これは180度回転させた状態だ。




付属品

ジム改

付属品一覧。

ジム改

交換用手首の計4種(平手2種、持ち手2種)。

ジム改

ブルパップ・マシンガン。弾倉の取り外しはできない。

ジム改

センサー部は緑のメタリック塗装。もう見飽きたよ、ブルパップ・マシンガン・・・。

ジム改

ハイパー・バズーカ。弾倉の取り外しが可能となっている。

ジム改

こちらも同様にセンサー部は緑のメタリック塗装。

ジム改

ビーム・サーベルの柄。原作に忠実で1本しかない。

ジム改

ビームサーベルエフェクトは、直線と曲線の2種類。

ジム改

定番のシールド。連邦軍マークがマーキングされている。




本体(武装状態)

ジム改

すべての武装を装備した状態。ブルパップ・マシンガンとハイパー・バズーカの両方を装備した状態だ。

ジム改

シールドは手で直接持つこともできるが、腕の接続部に取り付けることも可能。画像は後者。

ジム改

ハイパー・バズーカは腰に懸架できる。

ジム改

シールドは背中に装備可能。トリントン基地仕様のジム改と同様である。

ジム改

もちろんブルパップ・マシンガンは、バックパックの側面に懸架することが可能だ。

ジム改

トリントン基地仕様のジム改と唯一ちがうのがこちら。新規造形のバーニアエフェクトだ。

ジム改

新規造形のバーニアエフェクトに従来のバーニアエフェクトを装着することが可能。これはなかなかいいぞ!!!

ジム改

もちろん足裏のバーニアにもエフェクトを装着できる。

ジム改

トリントン基地仕様のジム改との比較。

ジム改

ジム改

宇宙戦仕様となっているが、カラーリング以外は違いはない。トリントン基地仕様のジム改の方が強そうに感じるぞ!

ジム改

これで『機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY』に登場した連防軍の量産機がそろったぞ。並べていると感無量だ!




アクションポーズ

では地球軌道艦隊司令代理のバスク・オム大佐の名言とともにアクションポーズを!!!

ジム改

「貴様・・・反抗するか!」(バスク・オム)

ジム改

「奴らに一撃せねば腹の虫が収まらん!」(バスク・オム)

ジム改

「な、なにをしておる!回避だ、緊急回避!」(バスク・オム)

ジム改

「我々の地球は絶えず様々な危機にさらされているのだ!」(バスク・オム)

ジム改

「地球!この宇宙のシンボルをゆるがせにしないために、我々は誕生した!」(バスク・オム)

ジム改

「地球!まことの力を取り戻すために、ティターンズは立つのだ!」(バスク・オム)




まとめ

機体自体は以前発売されたジム改と変更部分はカラーリングしかないが、新規造形のバーニアエフェクトが豊かな表情を一躍買っている。こういうエフェクトを持って出していってほしいぞ。

ジム改高機動型やジム改[ワグテイル]を出す土台ができましたはず!期待してます!!!

 



-ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ

© 2021 ノアのガンプラライフ