METAL BULD レビュー 完成品トイ

METAL BUILD ケンプファー レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL BULD >

METAL BUILD ケンプファー レビュー

  • プラモデル ランキング
  1. おもちゃ ストア
  2. おもちゃ ストア
  3. おもちゃ ストア
  4. おもちゃ ストア
  5. おもちゃ ストア
  6. おもちゃ ストア
  7. おもちゃ ストア
  8. DIY & Garden - AmazonGlobal free shipping
  9. おもちゃ ストア
  10. ロボット
  11. おもちゃ ストア
  12. 機動戦士ガンダム
  13. おもちゃ ストア
  14. おもちゃ ストア
  15. おもちゃ ストア
  16. おもちゃ ストア
  17. 機動戦士ガンダム
  18. 機動戦士Vガンダム
  19. おもちゃ ストア
  20. おもちゃ ストア

新着アイテム  

icon icon
4月19日16時よりデミバーディングが予約開始!</span9

icon icon
4月12日16時よりアムロ専用ディジェが予約開始!

icon icon
4月5日16時よりJ基地仕様が予約開始!

icon icon
4月5日16時よりJ基地仕様が予約開始!






METAL BUILD ケンプファー レビュー

ケンプファー

今回はご紹介するのは、『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』より

METAL BUILD「ケンプファー」!

はじめての1年戦争時代の機体がメタルビルドで立体化されました!ケンプファーの立体物には外れないことが多いですが、このメタルビルド版はケンプファーの決定版と言って間違いない!という出来になってました。

ではミハイル・カミンスキーが登場したケンプファーを紹介していきます!!!

ケンプファー

・全身造形

ケンプファー

ケンプファー

ケンプファーは機動力を重視したため装甲が薄い(アレックスのガトリングガンで破壊された)設定なのですが、メタルビルドの大胆なアレンジにより。骨太でたくましい造形になっています。

ケンプファー

ケンプファー

また広い装甲を活かして、モールドがこれでもかってほど表現されています。特に脚部の情報量がすごいことになってました。

・頭部造形

ケンプファー

ケンプファー

頭部アップ。ブレードアンテナは着脱式となっており、こちらは未装着状態のもの。

ケンプファー

ブレードアンテナを装着した状態がこちら。ブレードアンテナは長めとなってました。

ケンプファー

頭部カバーを開き、つまみを左右に動かすことでモノアイが可動します。

・頭部可動

ケンプファー

ケンプファー

ケンプファー

後頭部の襟が可動や頭部を上へ引き出すことができ、うつ伏せの前傾姿勢において頭部を前に向けることができます。

・肩及び腕部造形

ケンプファー

肩や腕の装甲が、設定よりも厚く大型化されており大胆にアレンジされてました。

ケンプファー

肩アーマーには展開ギミックあり、関節に使用されているダイキャストがほぼ見える形に。

ケンプファー

ケンプファー

左右の肩アーマーは左右非対称となっており、左側のみスパイクアーマーになっています。また肩アーマー内にバーニアはゴールドよりの色合いであり、本体のブルーと相まって目立つ配色です。

ケンプファー

腕にある丸モールドは、シルバーで色分け。

ケンプファー

デフォルトのハンドパーツは、握り拳。

・腕部可動

ケンプファー

ケンプファー

ケンプファー

胸部装甲が厚く前面に飛び出た形状の中、腕の引出し機構があるために十分な可動域を確保されていました。

・胸部造形

ケンプファー

ケンプファー

胸部の動力ケーブルは、シルバーで塗装。軟質素材ではありませんが、塗装のおかげでプラスチック感がなかったです。

・胸部可動

ケンプファー

ケンプファー

装甲に厚みがあるので可動域が心配でしたが、しっかり確保されていました。

・脚部造形

ケンプファー

太ももにビームサーベルが格納されているのですが、ビームサーベルが飛び出すギミックがあり、ちょっとびっくり!勢いよくスイッチを下に下げると、ビームサーベルが遠くに飛んでいきます!!!(ビームサーベルが飛んで一時行方不明に・・・)

ケンプファー

ケンプファー

ケンプファー

脚部は特にアレンジされており、側面のバーニアなどが大型化されています。また色もゴールド色の濃淡をつけており、チョー見た目がかっこいいことに!

ケンプファー

足首にあるバーニアは、展開することが可能。展開後に見える内部もしっかり作りこまれているのはすごい!

ケンプファー

足裏はダイキャストで占められていました。

・脚部可動

ケンプファー

ケンプファー

脚部の可動域はしっかり確保されており、脚部を高くあげることができました。

ケンプファー

また太もも後ろにあるスラスターは、水平まで向きを変えることが可能です。全身にスラスターを同じ向きにするとホバー走行っぽいことができるかも。

・背面造形

ケンプファー

バックパックのバーニアカバーが展開できるようになっており、内部構造が見えるようになっていました。

次のページへ >



-METAL BULD, レビュー, 完成品トイ