ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

ROBOT魂 F91 EVOLUTION-SPEC レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. ROBOT魂 >

ROBOT魂 F91 EVOLUTION-SPEC レビュー

新着アイテム  

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

icon icon

一覧はこちらへ






ROBOT魂 F91  EVOLUTION-SPEC レビュー。

ガンダムF91

機体説明

ガンダムF91は、『機動戦士ガンダムF91(フォーミュラ ナインティワン )』に登場する機体だ!新世代のMS構想「フォーミュラ計画」に基づき、S.N.R.I.(サナリィ)が開発した試作モビルスーツである。S.N.R.I.(サナリィ)のもつ小型モビルスーツのノウハウを結集した「現時点(U.C.120年代)でのモビルスーツの限界性能の達成」を目指し作られたワンオフモデル。搭乗者はシーブック・アノー

2020年7月、EVOLUTION-SPECシリーズ第一弾のガンダムF91がROBOT魂で登場。

本体(未武装)

ガンダムF91

まずはガンダムF91の正面より。最近購入したジム・カスタムと比較すると、曲線を主体としたフォルムが特徴である。

ガンダムF91

頭部は真横に向くまではいかないが、ほどほどの可動域かと。頭部バルカンの砲塔はしっかりと色分けされているぞ。

ガンダムF91

上にはある程度向くことが可能。

ガンダムF91

腕は肩アーマの影響で、あまり上への可動はない。穴がない握り拳がついているのはうれしいぞ。

ガンダムF91

逆に脚部は開脚が可能となっている。

ガンダムF91

左サイドアーマーには、ビーム・サーベルが格納されており、格納ボックスは可動することができる。

ガンダムF91

右サイドアーマーにはビーム・シールドの発生器を格納。取り出せるかは確認してないです。

ガンダムF91

ガンダムF91

背部にあるヴェスパーの大きさがよくわかる。背部が重くなっているが、直立は可能だ。

ガンダムF91

左腕には、ビーム・シールドの発生器を装備。肩アーマーの肩部フィンは収納状態で、展開は差し替えで対応している。

ガンダムF91

ビーム・シールドの発生器は取り外すこともできる。

ガンダムF91

ヴェスパーはレール構造により可動ができ、さらに展開による伸縮も差し替えなしで可能。

ガンダムF91

ヴェスパー接続部の可動はなかなかで、劇中ではない可動が可能となっているぞ。

ガンダムF91

バックパックのスラスターは本来黄色なのだが、再現されておらず。目立つところなのでここは頑張ってほしかった。
(参考までにメタルビルドのF91を見てみるとよくわかる。)

ガンダムF91

脚部のスラスターは展開できる。

ガンダムF91

ヴェスパーを真横にすることもできるぞ!!!




付属品

ガンダムF91

付属一覧①。

ガンダムF91

付属一覧②。

ガンダムF91

交換用手首の計3種(平手1種、持ち手2種)。

ガンダムF91

頭部は2種類あり、左が通常状態で、右がフェイスカバーオープン状態。

ガンダムF91

ガンダムF91の専用ビーム・ライフル。先端が折れかけていたので、接着剤でつけグレイファントムの筆塗りで白化した部分を塗りました。意外とわからないよね。

ガンダムF91

ビーム・ランチャー。マガジンは取り外せないぞ。

ガンダムF91

ビーム・シールド。ビーム・シールの発生器を取り外して使用する。

ガンダムF91

ビーム・シールドの基部は可動するため、回転されることができる。

ガンダムF91

ガンダムF91

劇中で使用されていたビーム・サーベルの回転状態を再現するエフェクトがついている。

ガンダムF91

ビーム・サーベルのエフェクト。刃が緑になっているのが特徴だ。




本体(武装状態)

ガンダムF91

すべての武装を装備した状態。ビーム・ライフルとビーム・サーベルの持ち手が同じを使用するようになっている。

ガンダムF91

ガンダムF91

ビーム・ランチャーは腰部に懸架ができる。

ガンダムF91

ガンダムF91

こちらが最大可動モード。頭部をフェイスカバーオープン状態、肩部フィンを展開状態に差し替えて再現だ!!!




アクションポーズ

では「シーブック・アノー」名言とともにアクションポーズを!!!

ガンダムF91

「F91ガンダムは、シーブック・アノーで行きます!」

ガンダムF91

「逃げまわりゃあ…死にはしない…!」(シーブック・アノー)

ガンダムF91

「それで帰れるはずだ。出てけよ!!」(シーブック・アノー)

ガンダムF91

「抵抗するんじゃない!行っちゃえよ!」(シーブック・アノー)

ガンダムF91

「こいつは・・・強力すぎる!」(シーブック・アノー)

ガンダムF91

「人間だけを殺す機械など!」(シーブック・アノー)




まとめ

ガンダムF91

新生(リニューアル)されたF91。リニューアル前のものは持っていないので比較できないのでわからないが、他のROBOT魂と比較すると価格が安いんだよね。触ってみると曲線主体なのか、少しモールドが甘くて価格相応かなと思った。それを前提にするとそこまで悪いアイテムではなく、安くかっこいいF91を手にいられるのはアリだと思うぞ。(今ならかなり安く買えるしね)

次はクロスポーンガンダムX1の発売が決定しているので(価格がF91に比べ大分上がっている)、EVOLUTION-SPECシリーズがどうなっていくか楽しみである。



-ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ

© 2021 ノアのガンプラライフ