MG レビュー 素組み

MG ガンダムヴァーチェ レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 素組み >
  4. MG >

MG ガンダムヴァーチェ レビュー

新着アイテム  

icon icon
↑7月1日 16時より予約開始!I.W.S.P.!

icon icon
↑6月28日 12時より予約開始!赤い三巨星!?

icon icon
↑6月24日 12時より予約開始!合金モデル!

icon icon
↑6月24日 12時より抽選開始!30MS最新作!

icon icon
↑6月24日 16時より予約開始!アーマードパーツ!

一覧はこちらへ






MG ガンダムヴァーチェ レビュー。

ガンダムヴァーチェ

機体説明

ガンダムヴァーチェは『機動戦士ガンダム00』に登場する機体だ!

私設武装組織ソレスタルビーイング(以下、CB)によって高速戦闘を目的としたガンダムとして開発された。第3世代機の機体であり、高出力のビーム兵器を主体とした武装となってるほか、強固なGNフィールドを発生することができる。さらに緊急時には装甲を排除し、本来の姿であるガンダムナドレとなる。ただし戦闘力自体は低い。搭乗者は、ティエリア・アーデ。

2021年11月、第3世代最後の登場となるガンダムヴァーチェはが登場!価格は8,800(税込)。

本体(未武装)

ガンダムヴァーチェ4

まずはガンダムナドレの状態で可動を確認しておくぞ!ちなみにガンダムナドレの特徴であるケーブルは、ゴムのような素材となっている。

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

頭部アップ。今回はホイルシールのみ貼っています。後ろ髪にあたるケーブルが抜けやすく、動かしているとストレスを感じる部分になっているのが残念。

ガンダムヴァーチェ

頭部の上下可動。ケーブルをつけたままさと少ししか動かせない。

ガンダムヴァーチェ

頭部の左右可動。こちらもケーブル影響を受けて、可動範囲は広くない。

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

腕は90度まで上がるし、広い可動範囲となっている。

ガンダムヴァーチェ

開脚範囲はかなり広くなっている。

ガンダムヴァーチェ

足裏。接地面が少ない影響か、微妙に立たせることが難しいという印象。

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

腕、腰、太ももにホログラムシートで、ケーブル類を再現している。

ガンダムヴァーチェ

上半身の前後可動。

ガンダムヴァーチェ

上半身の左右可動。

ガンダムヴァーチェ

上半身の回転。とそこまで可動範囲は広くない。ケーブルをつけたままなので、外すともう少しよくなるかと。

ガンダムヴァーチェ

脚部の可動範囲。フロント&リアスカートが無いので、可動範囲がかなり広い。

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

背中にあるGNドライブ(太陽炉)は、取り外しが可能。




付属品

ガンダムヴァーチェ

説明書の表紙。

ガンダムヴァーチェ

中開きに機体や武装の説明あり。

ガンダムヴァーチェ

説明書の裏。

ガンダムヴァーチェ

こちらは太陽炉。

ガンダムヴァーチェ

太陽炉を格納するGNドライブ。

ガンダムヴァーチェ

発光ユニットを取り付けることも可能。別途LEDユニットが必要となる。

ガンダムヴァーチェ

交換用ハンドパーツ。指の部分のみを交換するタイプ。

ガンダムヴァーチェ

GNビームライフル。ナドレ用の武装。センサーパーツは一度つけると取り外すことが難しいので、塗装される方は注意。

ガンダムヴァーチェ

ビームのエフェクトパーツが付いている。

ガンダムヴァーチェ

ビーム・サーベル。ナドレ専用ではない。2本分あり。

ガンダムヴァーチェ

膝裏に格納されている。初めて知ったよ!!!

ガンダムヴァーチェ

ビーム・サーベルのエフェクトパーツは、平べったい形となっている。

ガンダムヴァーチェ

シールド。こちらはナドレ時に使用していたもの。

ガンダムヴァーチェ

GNバズーカ。もちろん展開ギミックもしっかり再現されているぞ!

ガンダムヴァーチェ

ティエリアのパイロット姿を再現。

ガンダムヴァーチェ

セカンドシーズン第8話で登場したティエリアの女装バージョンも付属している。

ガンダムヴァーチェ

ホイルシール。頭部側面用のシール(6,7)は、ガンダムナドレ(6)とガンダムヴァーチェ(7)の機体番号となっており、選択してどちらかを貼り付ける。

ガンダムヴァーチェ

マーキングシール。




本体(武装状態)

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェの状態へ。ガンダムナドレに装甲を取り付けていくのだけれど、背中のパーツ以外は簡単には外れないようになっている。

ガンダムヴァーチェ

頭部のアップ。ケーブルを取り外して頬のパーツを取り付けただけだが、かなり印象が異なる。

ガンダムヴァーチェ

背面にあるGNキャノンは、前方に移動させて発射形態にすることもでできる。

ガンダムヴァーチェ

もちろんGNキャノンは、ガンダムナドレに持たせることができる!

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

当初はだれも装甲をパージしてガンダムナドレになるとは想像できなかったはず。

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

腰部にあるスラスターは、横への可動あり。

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

ガンダムヴァーチェ

GNフィールド展開ギミックもしっかいり再現されており、展開することにより黄色部分が露出するようになっている。

ガンダムヴァーチェ

バーストモードを再現するために胸部パーツを前方に展開が可能。

ガンダムヴァーチェ

こちらがバーストモードを再現した状態。

ガンダムヴァーチェ

胸部にしっかりとGNバズーカを接着させることが難しかったです。GNバズーカを手に持たせることがなかなか難しく、少し動かすとハンドパーツが取れてしまう。ここは専用の持ち手が欲しかったところ。




アクションポーズ

では「ティエリア・アーデ」のセリフと共にアクションポーズを!!!

ガンダムヴァーチェ

「ガンダム・ナドレ、目標を消滅させる!」(ティエリア・アーデ)

ガンダムヴァーチェ

「君たちはガンダム・マイスターにふさわしくない!」(ティエリア・アーデ)

ガンダムヴァーチェ

「なんという失態だ!万死に値する!!」(ティエリア・アーデ)

ガンダムヴァーチェ

「人類というものは、人間というものは、ここまで愚かになれるのか。」(ティエリア・アーデ)

ガンダムヴァーチェ

「これでやっと逝ける、貴方の許へロックオン・・・」(ティエリア・アーデ)

ガンダムヴァーチェ

「ヴァーチェ、目標を破壊する!」(ティエリア・アーデ)




まとめ

第3世代ガンダムで最後の登場となったガンダムヴァーチェ。ガンダムナドレとガンダムヴァーチェという2形態を楽しめるキットとなっており、形態を変えるのにそこまで時間がかかるのがすごい!形態ごとに特徴があるので、好きな方で飾って楽しめる!ノアはガンダムヴァーチェにしてバーストモード状態で飾っているぞ!(めちゃ場所とるけど)

ぜひ第4世代ガンダムもMGでキット化してほしいぞ!(現在ダブルオーガンダムのみ)



-MG, レビュー, 素組み