METAL ROBOT魂 レビュー 完成品トイ

METAL ROBOT魂 ガンダムエピオン レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 完成品トイ >
  4. METAL ROBOT魂 >

METAL ROBOT魂 ガンダムエピオン レビュー

新着アイテム  

icon icon
↑8月4日 12時より予約開始!風雲再起付き!

icon icon
↑8月2日 12時より予約開始!ゴルディーマーグ!

icon icon
↑7月28日 10時より予約開始!40周年記念!!

icon icon
↑7月28日 10時より予約開始!まさかの再販!!

icon icon
↑7月28日 10時より予約開始!プロトタイプ!?






METAL ROBOT魂 ガンダムエピオン レビュー

ガンダムエピオン

機体説明

ガンダムエピオンは、『新機動戦記ガンダムW』に登場する機体だ!

ウイングガンダムを含めたガンダム5機とトールギスを参考し、OZ総帥の座を追われたトレーズ・クシュリナーダが開発した機体。トレーズ・クシュリナーダの意向が強く反映されているため、武装は接近戦用(2種類)しか装備していない。またウイングガンダムゼロと同様にゼロシステムを搭載。搭乗者は、ミリアルド・ピースクラフト。

2022年6月、ガンダムエピオンが、METAL ROBOT魂 (登場!価格 15,950円(税込)

本体(未武装)

ガンダムエピオン

まずはガンダムエピオンの正面より(箱から出した状態)。ウイングの情報や形状はEW版に近い。MG(マスターグレード)のガンダムエピオン EW版を1/144サイズにしか感じだろうか。

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

頭部アップ。頭部バルカンも装備していない珍しい頭部。あずき色?はテレビ版の彩色にかなり近く、全体が艶消しとなっている。

ガンダムエピオン

頭部の前後可動。後ろへの可動範囲は狭いは、アゴはかなり引くことができる。

ガンダムエピオン

胸部形状の影響で、頭部を真横にすることはできない。

ガンダムエピオン

胸部のゼロシステムはクリアパーツで再現。光を当てることで内部ディティールがキラリと光る!

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

腕の稼働範囲は広くない印象。これってウイングガンダムゼロと同様にROBOT魂版をベースに作成されているのかな。

ガンダムエピオン

腕を前に引き出す機構あり。(最近の定番機構になってきた)

ガンダムエピオン

腕にあるエピオンクロー。爪先を可動させることが可能。まぁこのエピオンクローがあるおかげで武装が非常に持ちにくいという欠点がある!

ガンダムエピオン

開脚の範囲はここまで。モビルアーマー形態への機構があるけど、控えめな可動範囲(開脚範囲として・・・)。

ガンダムエピオン

モビルアーマー形態は、つま先がドラゴンの頭を表現するため、ドラゴンの目を表現する部分をクリアパーツで再現。

ガンダムエピオン

足裏。モビルアーマー形態に使用するドラゴンの牙を格納。

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

ウイングは、テレビ版よりかなり大型になっているのが特長(EW版に近い)。また脚部も尖っている部分が多いので、取り扱いには注意が必要。

ガンダムエピオン

上半身の前後可動。後ろへの可動はなく、前への稼働のみ。

ガンダムエピオン

ただし、上半身は回転させることができる。

ガンダムエピオン

見えずらいけど、脚部の前後可動範囲が非常に広い。これはモビルアーマー形態へ変形するため。

ガンダムエピオン

ウイング表面の塗装はかなりキレイ!また白と黒の色分けもしっかりされているので、広いが単調に感じない。

ガンダムエピオン

ウイングは前後可動と・・・

ガンダムエピオン

ウイング自体にも3か所の稼働部分あり。




付属品

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

付属一覧。武装が少ない。

ガンダムエピオン

白黒カラーの説明書。

ガンダムエピオン

交換用手首の計3種(平手2種、持ち手1種)。黒の交換用手首は、ウイングガンダムゼロ用のもの。

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

ウイングガンダムゼロの右手にした状態装着。対決シーンを再現するためのもの。

 

ガンダムエピオン

右腰に装備するビーム・ソード。

ガンダムエピオン

稼働させることができる。

ガンダムエピオン

手に持たせる場合は、ケーブルを取り付けて再現。ただし、このケーブルがめちゃ外れやすく、ストレスとなる部分。

ガンダムエピオン

ビーム・ソードのエフェクトパーツ。2種類あり、こちらは通常サイズ。

ガンダムエピオン

こちらが大型サイズのもの。かなりの迫力!!!

ガンダムエピオン

エピオンシールド。

ガンダムエピオン

ヒート・ロッド。エピオンシールドの裏側に取り付ける形なんだけど、非常に外れやすいのが欠点。ヒート・ロッドにはワイヤーが入っているので、折り曲げた形状を維持することはできる。ただし結構固く、どこまで曲げれるのかわからない。

ガンダムエピオン

灼熱化を再現したヒート・ロッド。色以外はまったく同じもの。




モビルアーマー形態

ガンダムエピオン

こちらがモビルアーマー形態。脚部を背中側から持っていくという変わった変形方法となっている(脚部に伸縮機構あり)

ガンダムエピオン

横から見るとこんな感じ。ハンドパーツ部分は専用パーツ(シルバーパーツ部分)に差替える形。つま先の牙を出すことを終始忘れています、すいません。

ガンダムエピオン

モビルアーマー形態を飾るためのジョイントパーツ。これが非常に問題あるパーツで、ただ乗せるだけのパーツとなっており、自由に飾ることができない状態になっている。なぜウイングガンダムゼロと同じ仕様にできなかったのか、不思議!

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

ガンダムエピオン

ジョイントパーツを使用して飾ってみたけど、かなりの不安定で、ノアはこれ以外の角度では飾ることができなかった。




アクションポーズ

ではミリアルド・ピースクラフトのセリフとともにアクションポーズを!!!

ガンダムエピオン

「完全平和を作るために条件がある・・・」(ミリアルド)

ガンダムエピオン

「一つは全ての兵器を排除すること・・・」(ミリアルド)

ガンダムエピオン

「もう一つは人々から戦う意思を取り除くことだ!」(ミリアルド)

ガンダムエピオン

「リーブラを落とす!」(ミリアルド)

ガンダムエピオン

「この行動しか完全平和への道はない!」(ミリアルド)

ガンダムエピオン

「私はまだ、自分を弱者と認めていない!」(ミリアルド)




まとめ

METAL ROBOT魂で登場したガンダムエピオン!可動範囲が狭い、ヒート・ロッド外がれやすい、モビルアーマー形態のジョイントパーツなど欠点部分が多いのは事実なんだけど、造形や塗装のクォリティは非常に高い!またウイングガンダムゼロとの対決シーンを再現できるなど、ファン心をくすぐる仕様があり、評価が分かれるアイテムだと思う。

ウイングガンダムゼロも再販されてるし、ガンダムデスサイズがMETAL ROBOT魂で登場することも決定しているから、他ガンダムが登場するなら集めたくなるよね!



-METAL ROBOT魂, レビュー, 完成品トイ