HGCE レビュー 素組み

HGCE ダガーL レビュー

  1. HOME >
  2. レビュー >
  3. 素組み >
  4. HGCE >

HGCE ダガーL レビュー

新着アイテム  

icon icon

iconicon

icon icon

icon icon

icon

一覧はこちらへ






HGCE ダガーL  レビュー

ダガーL

機体説明

ダガーLは、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』に登場する機体だ!C.E.73年の地球連合軍主力量産MS。105ダガーの改良機で「ストライカーパックシステム」を採用しており、柔軟な対応が可能。本機自体はシンプルな機体、武装構成となっている。ウィンダムが次期主力量産MSに採用されたことにより、旧式化していく。搭乗者は地球連合軍兵士。

2021年4月、ダガーLがHGで登場だ!!!

本体(未武装)

ダガーL

まずはダガーLの正面より。細身でシンプルな機体となっている。宇宙世紀でいえばジムIIにあたる機体かな。

ダガーL

頭部は下向きへの可動が優秀。頭部バルカン(イーゲルシュテルン)は頭部を構成する一パーツとなっているので、取り外すことはできない。

ダガーL

左右の可動範囲はまったく問題なし。遮るものがないシンプル構成だ。

ダガーL

腕は90度以上あげることができる!

ダガーL

サイドアーマーの影響を受け開脚は無理だが、なかなかの可動範囲。

ダガーL

腰は左右に若干回すことが可能だ。

ダガーL

ダガーL

胸部にある赤いパーツ(コクピットハッチ)が、はめることが難しく手こずりました。(個体差?)

ダガーL

ダガーL

腕を前に引き出して、可動範囲を広げることができる。

ダガーL

腰の前後可動は、少しだけあるぞ!!!

ダガーL

フロントスカートアーマーは左右独立してないが、自分で切断すれば左右独立可動ができる。

ダガーL

サイドアーマーには、ビーム・サーベルを取り付ける凸あり。

ダガーL

背部にはウィンダムと同様にストライカーパックを装備するための接続部がある

ダガーL

太ももにあるスラスターは別パーツで再現。スラスターにはスリットもあるぞ!

ダガーL

足裏。特に肉抜き穴が無いのがいい。




付属品

ダガーL

チラシが入っていました。マルチストライカードッペルホルン連装無反動砲が登場するとのこと!!!

ダガーL

ビームカービン。ビームライフルより小型で速射性に優れている。持つには、一度手の甲のパーツを取り外す必要あり。

ダガーL

ビーム・サーベルが2本。

ダガーL

ビーム・サーベルエフェクトも2本ある。なかなかの長さ。手に差し込むだけなので、下を向けると抜けてしまうぞ。

ダガーL

特に武装もないシンプルなシールド。持ち手はなく、直接腕にジョイントパーツで取り付ける。

ダガーL

Cランナーがストライクのものを使用しているため、結構な余剰パーツが発生する。




本体(武装状態)

ダガーL

すべての武装を装備したダガーL。ホイルシールは付いておらず、成型色のみで再現している。

ダガーL

ダガーL

武装しても、まったく強そうに見えないのがいい!!!

ダガーL

シールドのジョイントは、腕に取り付けるタイプだ。

ダガーL

シールドの取り付け方を変えると上記になる。ちょっと不格好だ。

ダガーL

ダガーL

ダガーL

ダガーL

ウィンダム付属のジェットストライカーを装備。

ダガーL

ダガーL

ダガーL

ウィンダムと比較。比べてみるとウィンダムはかなりマッシブな機体ということがわかる。




アクションポーズ

では地球連合軍兵士のセリフとともにアクションポーズを!!!

ダガーL

「今度こそ蒼き清浄なる世界の為に!!」(地球連合軍兵士)

ダガーL

「レッド22ベータにナスカ級3。」(地球連合軍兵士)

ダガーL

「ファントムペインは無茶するよな。」(地球連合軍兵士)

ダガーL

「いきなりウィンダムでフルブーストか?(地球連合軍兵士)」

ダガーL

「ロアノークの報告の真偽のほど、確かめさせてもらおうか。」(地球連合軍兵士)

ダガーL

「ロアノークの奴!何をやっているか!」(地球連合軍兵士)




まとめ

ダガーL

ウィンダムに続き、キット化されたダガーL。珍しくシールがなく、成型色でカラーを再現しているのはさすが。ガンプラ初心者に薦められるキットとなっているぞ!!!

ぜひ、ダークダガーLもキット化してほしいぞ!(プレバンかな)

 

kindle unlimitedで過去の「月刊」ホビージャパンを好きなだけ読めるぞ!



-HGCE, レビュー, 素組み

© 2021 ノアのガンプラライフ